スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
自然にという難しさ
週末は終日セミナーでお勉強。いつものように内容を紹介することはできませんが、先生の脱線話?からインスパイアされたことをまたまた紹介させていただきます。


T先生は、翻訳とは

Source languageを
Target languageに訳すこと、そして
Target languageで書くこと、


であるとおっしゃいました。先生の言ったことをちゃんと理解できたかどうかは怪しいのですが、Source languageを英語、Target languageを日本語、つまり和訳の場合と考えると、まずは英文を日本語としてとりあえず理解する、そしてその日本語を日本語らしい日本語で書く、というプロセスが必要だということを言っているのではないかと思います。これを「日日訳」と言っておられる人もいますね。

たぶん大部分の翻訳者は、英文を読んだとき、その内容がある種の「イメージ」(英語/日本語のいずれともつかぬような画像や風景のようなもの。うまく言えませんが筆者が言いたいコンセプトみたいなもの)として頭に浮かんでいることと思います。その頭の中のイメージををいかに日本語として表現するかが肝なわけです。決して何も足さず何も引かず。

先生曰く、俳優に例えれば、
「その役を熱演した、好演した」ではなく「その役になりきった、その役が乗り移った」ような演技が本物ではないだろうかと。確かに演技と同様、文章も不自然さや妙な力みが目立っては本物ではありません(筆者の意図としてわざとぎこちなかったり力んだりしている文章は別として)。台本が透けて見えるうちはまだまだ演じている段階で、なりきってはいないのかもしれません。翻訳ならば原文が透けて見えるということでしょうか。実は読者がごく自然に読み進められる、一見平易な文章を書くって思ったよりもずっと難しいんですよね。技術文書には約束事や慣習みたいなものがあって、普段使わないだろ!と思うような表現も多々あります。でも、いろんなタイプの文章に適宜適応できることは、仕事の幅を広げる意味でも、単に教養としてでも大事なことですよね。

ただ、先生のお言葉に1つ反論したいかも(笑)。

「最近の俳優さんは詳しくないんですが、木村拓哉さんっていう方は実に自然な演技をしますねぇ」

いやいやキムタクは役になりきるというか、どんな役にもキムタクの方が乗り移ってるのではないかと(笑)。たとえば、ファンの方には申し訳ないけれど、菅野美穂という女優さんも演技がうまいとは思うけど、どういう役を演じても妙な技巧が気になる女優さんの一人です(あくまで個人的な感想です)。

一方、「澪つくし」というNHK朝ドラマ(古っ)でデビューした沢口靖子さんという女優がいます。当時はその美貌と共に棒っぷりに驚いたものです。それ以来彼女の演技を見る機会がなかったのですけれど、最近彼女主演の「シングルマザーズ」というNHKのドラマを見るようになりました。一途で、素直で、でも不器用で、薄倖だけど頑張って成長していくシングルマザーの役を、沢口嬢はまさに乗り移ったように演じています。彼女の才能が進化したのか、それとも役柄と彼女自身の性格とが素晴らしくマッチしたのかは、他の作品を見ていないので分かりませんけれど。


翻訳だけでなく、自分自身が思うことを書くときですら、自分の心の中を過不足なく、素直に自然に表現することはとても難しいことです。未熟ながらも数十年と文章を書く仕事をしていても、自分の日本語力(英語力は言うまでもなく...)の足りなさにがっかりします。ある日、その壁をすっと抜けられることもあるのでしょうか。


ただ、齢おそらく80歳手前(下手すると60歳代に見えます!)のT先生すらあの勉強量だと思うと、まだまだひよっこである私はさらに日々勉強を重ねていかなければならなません。そんなふうに毎回活を入れていただいた気になるセミナーなのです。



【2012/12/10 07:37 】 | お仕事・お勉強 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<アナログな日々 | ホーム | 自分を作るもの>>
コメント

その日は私も月イチ講座で大阪まで出張ってました。もしかしたら、どこかでニアミスしていたかも。

キムタクはキムタクに「そうだよな~」と笑ってしまいました。上手い下手とかではなく。「キムタクがそこにいる」と私も思ってしまいます。

せっかく翻訳の記事なのに突っ込みがそこかよ、て感じですが。

私は、役者さんの上手い下手、役に入り込む感ってあまりよく分からない方かなと思うのですが、NHK大河で徳川の何代目かの将軍を演じられた時の中村梅雀さんを「スゴい」と思ったことを覚えてます(10年以上前ですが)。最近では尾野真千子でしょうか。

翻訳では同じようなことを最近よく考えますが、自分でもよく分かっていないので文章にまとめるのは難しいです(ので先延ばしです)。

長くなってすいません。
寒い日が続きますが、お身体に気をつけてお仕事頑張ってくださいね~。
【2012/12/10 12:31】| URL | Sayo #RwF7odmQ[ 編集] |

★Sayo様
ニアミスだったかも!
ちなみに私は5時ごろ梅田辺りを歩いておりましたわ。10時~4時半の授業で、脳は疲れ果てておりました。

大河は見てなかったんですけど、歌舞伎俳優はやはり!という演技をなさる方多いですよ。またまた歌舞伎熱が上がりそうです。

キムタクはあのキムタク道をあと20年ほども続けたら立派な「芸」になりそうな予感もします。還暦になってもチャラく「ちょ、待てよっ」というセリフを吐いてほしいなぁと思います。
【2012/12/10 17:30】| URL | Sayo様 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/964-86551976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。