スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
伊豆旅行記(IV)-どこでも一緒
レンタカーを借りていたので、おのぼりさんチックに伊豆のあちこちをドライブしました。

「四季の蔵」は河津桜で有名な河津中にあります。何を隠そう滝好きな私は「河津七滝」という言葉に惹かれ、何をおいてもまずここから。7つですよ、7つ。


ループ橋 滝1


「腰が冷たくなってくる~」とやや高所恐怖症気味のだんなさんがおびえた二重ループ橋を超えると七滝はすぐそこです。全部歩いて回っても1時間弱なので格好のハイキングコースと言えるでしょう。道が危ないのでノワはスリングでお散歩。途中でアユの塩焼きを食べるのも一興です。釣り竿を借りて渓流釣りも楽しめますよ。


石 踊り子


石3個で100円。これを投げて前の岩の上に乗っかったら願いがかなうそうです。私は自信がないのでパス。だんなさんは200円を投入して最後に1個成功しました。家庭円満を願ったというけど本当かしら。初景滝の前の「踊り子と私」のブロンズ像にて踊り子とノワの図。


踊り子と言えば、川端康成作「伊豆の踊り子」で有名な天城峠を外すわけにはいきません。ブナ・カエデ・ヒメシャラなどの樹木が自然のままに生い茂る風情は、今も「伊豆の踊子」の世界そのものです。


隠しきれない 移り香が
いつしかあなたに 浸みついた
誰かに盗られる くらいなら
あなたを殺していいですか

寝乱れて 隠れ宿
九十九折り 浄蓮の滝
舞い上がり 揺れ堕ちる肩のむこうに
あなた・・・山が燃える

何があっても もういいの
くらくら燃える 火をくぐり
あなたと越えたい 天城越え



滝2
浄蓮の滝~♪


そして、最後はあの浄蓮の滝。我々は実にまっとうな(笑)夫婦の旅ですが、天城の風景は道ならぬ恋に身をやつす人にとっては別の意味で感慨を呼ぶでしょう。天城トンネルと浄蓮の滝で「天城越え」を口ずさむ人は9割は超えると思います。ココ調にリクエストしてみましょうか(しかし、「天城越え」はなんという歌詞ですか・・・)。


次回が旅行記の最後の予定です。関東の人々にとってはすべてお子様遠足コースor中高生のデートコースと思われますが、関西人の我々にとっては新鮮で、東の風をエンジョイしております。






【2012/09/28 09:00 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<伊豆旅行記(V)-未練を残しつつ | ホーム | 伊豆旅行記(III)-お席にどうぞ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/921-8bbebf65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。