スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「和菓子のアン」-ほっこりと謎解き
こんなに暑い夏は、無謀にアウトドアではしゃぐのではなく、涼しい部屋でごろごろとオリンピックを観戦し、積み上げた本を読むに限ります。飛ばしに飛ばした7月度の仕事をすべて納品し、しばしのんびりする予定です(そんなことを言っていると依頼が入りそうなのでこっそりと)。

清少納言女史は「枕草子」でこう言っています。

夏は夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。螢の多く飛び違ひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

さすがです、良く分かっていらっしゃいます。夏は夜、しかも闇夜。



久しぶりに本を紹介。



やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子は、「このままじゃニートだ!」と一念発起。デパ地下の和菓子屋で働きはじめた。プロフェッショナルだけど個性的な同僚と、歴史と遊び心に満ちた和菓子に囲まれ、お客さんの謎めいた言動に振り回される、忙しくも心温まる日々。あなたも、しぶ~い日本茶と一緒にいかがですか。

一応ミステリ仕立てにはなっていますが、謎解きがメインではありません。ほっこりミステリとでもいいましょうか。少しラノベっぽい感もするけれど、気に入ったのは「和菓子」を扱っているところ。昔ならケーキバイキングに興じたところが今は2個程度が精いっぱい。でも和菓子ならするすると喉を通ります。今の季節なら水羊羹。話がずれました。食べ物を上手に扱っている小説は、それだけでも一読の価値があります。読んでいるうちに、デパ地下に走りたくなってきます(笑)。

脳をフル稼働させずにゆるゆると楽しめる小説が、こんな時期には向いている気がします。カクテルを扱った涼しげな夜のバーミステリなどないでしょうか。


【2012/07/30 09:31 】 | 本棚 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<本日のつぶやき | ホーム | 七月大歌舞伎「義経三本桜」-又五郎/歌昇襲名編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/889-576e2710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。