スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
七月大歌舞伎「義経三本桜」-又五郎/歌昇襲名編
オリンピックが始まって朝型生活はしばしお休み。夜更かしさんになります。



久しぶりの観劇です。松竹座の七月大歌舞伎に出かけてきました。花道の横ではないけれど8列目センターの良席。平日なのでちらほら空席が目立って淋しいなぁ。すぐ近くにズカガール2名(髪の色と姿勢の良さと美しさでそれと知れます)、和物もあるのでお勉強でしょうか。


一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  渡海屋 大物浦

       渡海屋銀平実は新中納言知盛     吉右衛門
          女房お柳実は典侍の局     魁 春
                相模五郎       錦之助
                入江丹蔵  種太郎改め歌 昇
                亀井六郎       桂 三
                片岡八郎       種之助
                伊勢三郎       米 吉
                駿河次郎       隼 人
               武蔵坊弁慶       歌 六
                 源義経       梅 玉

 
二、口上                    歌 昇改め又五郎
                      種太郎改め歌 昇
                           幹部俳優出演


三、道行初音旅(みちゆきはつねのたび)
  吉野山
          佐藤忠信実は源九郎狐  歌 昇改め又五郎
                 静御前       芝 雀
                早見藤太       仁左衛門


四、天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)
  河内山 松江邸広間より玄関先まで

               河内山宗俊       染五郎
               松江出雲守  種太郎改め歌 昇
                宮崎数馬       隼 人
              重役北村大膳       吉之助
                腰元浪路       米 吉
            家老高木小左衛門       錦之助



七月大歌舞伎


昼の部と悩んだのですけれど、口上も吉右衛門さんの「義経千本桜」も観たくって夜の部にしました。これが大正解。簡単にあらすじを述べておきますね。

摂津国大物浦の船問屋の渡海屋には、兄の源頼朝に追われ都を落ちた源義経主従が逗留しています。そこへ鎌倉方の追手が船を出すよう迫りますが、現れた主の渡海屋銀平に追い返されてしまいます。出船の時刻となった義経主従が渡海屋を後にすると、鎧姿の銀平が現れます。実は銀平は平家の武将平知盛、妻のお柳は安徳帝の乳人典侍の局で、二人は安徳帝を娘と偽って育て、源氏に復讐する機会を窺っていたのでした。知盛は義経を討ち取ろうと出陣しますが、大物浦で義経方に敗北。体に巻きつけた碇と共に、壮絶な最期を遂げるのでした。

学生時代は日本史を専攻していたものの、興味は世界史の方に向かっていました。でも、日本史の素養があると、歌舞伎ももっと楽しめたのになぁと今更ながらに実感しています。母と姉は歴女ですので源平の争いも私よりずっとピンとくるでしょう。「義経千本桜」は非常によくできた脚本で、心にぐっとくる涙あり、そして壮絶な最期はものすごい迫力ありで、いろんな人の演技で何度でも観たくなる作品です。

セリフで好きなのが魚尽くし。

『鰯(いわし)ておけば飯蛸(いいだこ)思い、鮫(さめ)ざめの鮟鱇(あんこう)雑言。いなだ鰤(ぶり)だと穴子(あなご)って、よくい鯛(たい)目刺(めざし)に鮑(あわび)たな』(⇒言わしておけばいいだろと思い、様々の悪口雑言。田舎武士だとあなどって、よくも痛い目にあわせたな)
『鯖(さば)浅利(あさり)ながら、鱈(たら)海鼠腸(このわた)に帰るというはに鯨(くじら)しい。せめてものはら伊勢海老(いせえび)に、このひと太刀魚(たちうお)をかまして槍烏賊(やりいか)』
(⇒さはさりながら、ただこのままに帰るというは憎たらしい。せめてもの腹いせに、このひと太刀をかましてやろうか)


もっと長いです(りょうさん楽しめるかも)。


他の2本もそれぞれ趣向が違って面白いです。二枚目の典型、片岡仁左衛門さんの三枚目も楽しいし、染五郎さんもやっぱり華があります。玉三郎さんが出る九月大歌舞伎、ぜひ観に行きたいのですけれど、様々な意味で余裕があるかなぁ。



PS.幕間入れて、4時頃から9時ごろまでの5時間の長丁場。観劇は楽しくても、坐骨がピリピリ痛み始め、最後は気力で乗り越えました。立ちっぱなしは無理とはいえ、座りっぱなしも辛いとは・・・。推定60代以上の人々ってなんてあんなにお元気なのかしら(元気な人だから出てくる?)。


【2012/07/27 09:03 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「和菓子のアン」-ほっこりと謎解き | ホーム | 今年初のマキシワンピ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/888-0340ea0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。