スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
年下の女友達
昨日は夜の7時から約12時までしゃべり続け1日を終えた。そのせいで、やっと今から仕事に取り掛かる。体重は1kg増。顔はむくんでひどい有様。楽しいことのつけはちゃんと払わねばならないのだ。

chang.jpg

最近お気に入りの近所の無国籍料理のお店。東南アジア系のビールが十数種と半端なく揃っているのが嬉しいところ。普通のビールよりも料理にずっと合う。写真はタイのビール「チャーン」。エビチリとグッドマッチング。



一緒に飲んだのは30歳そこそこの2児のママ。行きつけの美容院のオーナーの奥様(自らもカラリスト)である。職業も年齢も家族構成も全く私とは住む世界が違うように思えるが意気投合して、お客どうこうをちょっとだけ飛び越してプライベートでも仲良くしてもらっている。


自分が憧れ、これからの生きざまの参考にさせてもらえるような歳上の女性と話すとものすごくためになる。その一方で、まだまだ人生これからだなという若い女性と話すのもよい。もちろん艶々とした花盛りの様を見ているだけでも眼福なのだけれど、そのエネルギーやパワーを充電できるような気がするのだ。客商売を長く続けている人は、人脈も広ければ、人を見る目も長けてくる。私のような独立独歩の人間はついつい自分の世界にこもりがちだけれど、固まった価値観をときには崩してくれる。


彼女からもフェイスブックを強く勧められた。スマホとともにいつかはデビューするのかなぁ。

若さのエキス(オッサンのセリフじゃん)をいただいて少しばかり元気になった夜。



【2012/03/30 10:41 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<もしものときに | ホーム | 大好きなカモフラージュで>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/827-af4d6f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。