スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
○○○、お前もか
雪だね!


「ゴシップガール*」というドラマに今更ながらはまって毎日一話ずつ見ている。この1月からケーブルテレビで無料でシーズン1,2がダウンロードできたからである。ジムで読むファッション誌などによく、ゴシップガールの○○が着て、うんぬんとかのページが出ているので気になっていたドラマなのである。SATCファンである私はヤング(笑)版SATCというコピーも気になるところであった。

(*注:ニューヨーク・マンハッタンのアッパー・イーストサイドを舞台とし、名門私立学校に通う高校生を中心に描いた恋愛群像劇。原作本は全米で2002年に発売され、シリーズ通算で400万部のベストセラーとなった。「ヤング版『セックス・アンド・ザ・シティ』」や「ポスト『The O.C.』」と呼ばれ、出演者もブレイクしファッションアイコンとなった)。

もちろん、話の中心は高校生(シ―ズン1)の恋愛であるため、彼らのファッションや嗜好などはそれほど参考にはならないが(でも最新のセレブスタイルは見ているだけで目の保養)、主人公のセリーナを演じるブレイク・ライブリーには少なくともこのドラマではものすごい魅力を感じる。爆発的な人気を博したのもよく分かる。キャメロン・ディアスの天真爛漫さと二コール・キッドマンの美貌とケイト・モスのセンスを混ぜ合わせたようなルックスだ。

だが、私が参考と言うか、注目しているのは、そのセリーナの母親リリーを演じるケリー・ラザフォードのファッション。もちろんあんなハイブランドは真似ようもないのだけれど大人の女の格好良さがふんだんに味わえる。40代女性の大人の恋愛模様も面白い。



話は飛ぶが、最近芸能人の歳の差婚が続いている。ここで、歳の差婚とは、たとえば娘がいたならその娘くらいもしくはそれより下の女性との結婚を指すことにする。

どんなふうに書こうと僻みや嫉妬のように取られるだろうなぁと思いつつも書いてみる。海外のロックスターや大富豪がまさにトロフィーワイフのように美人モデルを妻とするには何とも思わないのだけれど、日本の歳の差婚には個人的にはどうも嫌な感じがつきまとう。

もちろん20代の若い女性の桃のような肌やパンっと張った身体、また何よりもそこから発せられる若さのオーラのようなものに種の本能として惹かれるのは良く分かる。私も若い女性はそれだけで美しいと思わされることが多々ある。ただ、たとえば40代後半~60代くらいの男性が残りの生涯を共に暮らそうとするならば、様々な経験を経て味のある大人の女と円熟した恋を楽しみ、二人でゆっくりと晩年を過ごしたいと思わないものだろうか。その若さでそこまで老成した!と感じる女性もいるかもしれない。でも、まだまだ将来の広がった女性には、ほんの少し距離を置いてその前途を応援してやるくらいのスタンスを持てないのだろうか。若さのパワーを引き受ける財力も気力も体力(笑)も大変だと思うのだけれど、それを補って余りあるエネルギーをまだ自分の中に残しているようには失礼ながらあまり見えない。どちらかというと、自分の老後の寂しさや不安を解消してくれる介護要員?目当てみたいに見えなくもない。

ゴシップガールのリリーのような大人の恋愛を見ているとちょっとほっとする。父親や母親たちと娘や息子たちの恋愛生活がクロスすることはないので。芸能人でも、同世代の人たち同士が結婚や再婚するのを聞くと何となく微笑ましい気持ちになる(たとえば、還暦を過ぎ同い年の女性と再婚した長塚京三さん)。一方、歳の差婚と聞くと、今まで持っていたイメージが極端に下がる。偏見だなとは重々承知の上で。やっぱり僻み?


逆に、自分が歳の差婚はどうよと問われたら、つまり、20代の男性に結婚を迫られたら(シチュエーションとしてありえない)、恐れ多くて腰が引けまくる。「ブラームスはお好き」の主人公と同じ選択だ。同級生婚の私は同世代±αくらいがやっぱり落ち着くし素敵だと思う。人生を知ってて、ちょっと疲れた(笑)男性が。

それでも、期間限定で初恋のような恋をするのはいいことだという気も一方ではする。花火のように燃え上がり、一気に生命のエネルギーが放出する気がする。それを潔く手放す勇気と覚悟を持って。


追記:男性側のことばかりあげつらったが女性側がOKしなければ結婚は成り立たない。このような女性たちは財産目当てなのか、筋金入りのファザコンなのか、それとも相手の人間性に心底惚れきったのか、本当のところはよく分からない。でも、確率的には、選んだパートナーと一緒にいる時間が短く、未亡人人生が長いのは辛いなぁと勝手に思ってしまう。



【2012/02/08 09:19 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<暖簾をくぐれば | ホーム | ダウンでペアろう(I)>>
コメント

歳の差婚もお付き合いもマジで気持ち悪い・・・と思って聞いています。マドンナも離婚してから20代の男とばかりとっかえひっかえ付き合っていて、この人どーしちゃったの?と思う。

私は10歳前後までならOKだけど、親子ほどの差って考えられない・・・でも篠原涼子さんとか堅実な家庭築いていらっしゃるし、当人になってみないと分からない良さがあるんですかねぇ。
【2012/02/12 13:33】| URL | mg #-[ 編集] |

☆mgさま

おはようございます。

そう言えば、篠原涼子さんのところは何となく安心して見られるカップルですね。

歳の差婚も逆は何だか痛々しさが目立つような気が・・・最近、アシュトン・カッチャーとの離婚後、激やせしたというデミ・ムーアをTVで見たせいかもしれません。あんなに若々しい人だったのに(涙)。

【2012/02/13 09:44】| URL | mgさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/801-df7cd87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。