スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
基本はここでした
お知らせ:
私もそして皆様も忘れていたと思われる楽天ブログ旧「翻訳者つれづれ日記」をやっと退会/削除いたしました。楽天のお買物日記はこちらに一本化します。旧がないのに新も変な話ですけれど(笑)タイトルはこのままとします。たくさんの日記と皆様のコメントを消してしまうのは少し躊躇し淋しくも思いましたが、いつまでもネット上に日記を放置しておくのもためらわれるものです。今後とも「新・翻訳者つれづれ日記」の方はよろしくお願いいたします。




さて、昨年からお話ししている坐骨神経痛?様のお尻のその後について久々に書いてみたいと思います。

一進一退を続けるお尻(太腿裏)の痛み。何度か通ったことのある女性の鍼の先生も腕は良いのですが、近所に中国鍼の施術所があるのを見つけてそこに行ってみることとしました。HPを見ると中国北京の学校に通い、その後は北京で修業し、何年かして日本に帰ってきた方のようです。

鍼好きの知人曰く「中国鍼じゃないと効かない」とのこと。彼女は生理不順を鍼で治療しています。中国鍼は日本人用の鍼よりも少し太いようです。さすがにズシンと来る「響き」はいつもの鍼よりも数段上でした。年末に3回ほど通い、通った数日間くらいはそこそこ痛みが治まり、いい感じなのですけれど、走ったり長時間出かけたりするとまた痛みが出てきます。それに保険が効かないのでお値段もお値段。今は中断しております。

ただ、鍼灸院でも、今年になって行った心斎橋のマッサージ店「WELLNESS」(ここ誰に当たってもほとんど外れがありません。アロマもありますが指圧がお勧め。深いストレッチもしてくれます)でも指摘された通り、私のお尻痛は骨や神経の問題というよりも筋肉の張り(特に腰)が原因らしく、入念なストレッチが遠いようで一番の完治への近道なのかもしれません。

そこでジムに行ったときは、運動前後のストレッチにかなりの時間を割くように心がけています。ストレッチに関しては次回のブログで。

それと即効性があり、意外に効いているのが座布団。当然って言えば当然なのかもしれませんが今まで意識したことがありませんでした。ところがあるとき友達が、

「クッション敷いて仕事してる?」

と聞くのです。仕事場ではそこそこいい椅子を買っているし・・・と答えると、

「駄目駄目、クッション敷いてみ」と。

騙されたつもりで、なぜか家にあったドーナツ型クッションを1日使ってみました(痔ではありません!)。

違う!疲れが全然違う!根を詰めて仕事をした後もじんわりとしたお尻の痛みがいつもよりずいぶん減っています。






(レビューを書くとコシヒカリ(笑)のおまけつき)


この座布団って、痔持ちの方々だけのためのものではなかったのですね。一日の大半を腰かけて仕事をしている私と同じく座業の皆様方で未使用の方は騙されたと思って円座型クッションを試してみてください。

リビングは黒、仕事場は赤ならインテリアの一部になるか?(いや相当変)と、心が動いています。


【2012/01/19 11:50 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「東京難民」--格差の流行 | ホーム | 2012年の抱負のようなもの>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/790-62320f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。