スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
FACEBOOKとお手紙
わたくし、三連休ではなく、しかもこのクリスマスにまだファイルの整理中。午後からはケーキとチキンを買ってきてささやかな二人と一匹のクリスマス。それもまたよし。


ソーシャルネットワーク
世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャーが映画化。2003年、ハーバード大学に通う19歳のマークは、親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすためのネットワーキング・サービスを開発する。そのサービスは瞬く間に他校でも評判となり、ファイル共有サイト「ナップスター」創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが……。主演は「イカとクジラ」のジェシー・アイゼンバーグ。共演にジャスティン・ティンバーレイク、新スパイダーマンに抜擢されたアンドリュー・ガーフィルドら。

WOWOWで撮っていた「ソーシャルネットワーク」をやっと観賞。主演のジェシー・アイゼンバーグの演技は評判通り素晴らしい。ただ実話としての興味深さや面白さを除いてはものすごく良くできた脚本というわけではない。しょうがないか実話だから。マーク・ザッカーバーグの人間性をもっと掘り下げたドキュメンタリーが観たくなる。ほんのちょっとの特集を見ただけでも、実に興味深い人間だった。


さてさて、facebook、いろいろなシチュエーションで、やろうとと誘われることがある。ヘビーユーザーの話を実際に聞いてみると、楽しいかも、世界広がるかも、と一瞬は思うが一歩を踏み出せない。私が遊びと合コンにうつつを抜かし(笑)、授業とバイトとダブルスクール(英語)も掛け持っていた大学生の頃ならば、のめり込んだことは間違いない。百人を優に超えるフォロワー(?)を持ち、授業中もこそこそとネットチェックしたはずだ。学生は通学、講義の合間など絶え間ない移動の間にちょっとした暇が随分できる。そこで友達らとたえずコンタクトを取りつつfacebookを活用したことだろう。

そして、会社員であっても、仕事面で活躍させたに違いない。仕事を絡めて新たに出会う人々の数は今とは段違いに多く、人脈を広げることは仕事面で大いに役立ったはずだ。実は今でも翻訳者ネットワークなどでfacebookは十分な利用価値があることは分かっている。


人脈を広げることは自分の価値観を絶えず見直す機会を得ることであって、人間形成にもなる。人とつながることは楽しいし、安心感や充実感を与えてもくれる。でも私にとってはその一方で少し息苦しい。自分の思いや行動を発信し、人の思いや行動を受信することを、絶え間なく、自発的に、また半ば強制的に要求されるようで(もちろんそれは個人個人の使い方の問題で、上手な付き合い方はあるのだろう)。プライベートな場では、人とはゆっくりじっくり知り合って、お互いを少しずつ理解していき、向き合っていきたい。そう思うと、同時期にたくさんの人とつながっているのは無理だ。そんなふうに考えること自体、facebookの使い方を誤っているのかもしれないが。


日々のブログで何となく考えたことや、周りに教えてみたいことをちまちまと発信する。アクセス数が多かったりコメントをいただけたりするとやっぱり嬉しい。でも反応が大してなくとも、紙(画面)の上に書き込んでいき、それが形になるだけで自分の気持ちが消化され満足する。そういう面では、私は閉じがちなアナログ派なのだ。

今、手紙なんてまったく書かないけれど、私の場合、ブログは手紙に似ている。自分に宛てた手紙でもあるし、ぼんやりと宛先人として誰かを想定した手紙でもある。面と向かっては言いにくかったり、恥ずかしかったりする、様々なことを伝えたい。ちゃんと推敲はしていないけど、メールやツイートとはちょっと違って、業務連絡やつぶやき(まあ、つぶやき程度の内容のことも多いし(笑)備忘録も兼ねる)を少し超えたもの。


そんなことを言っていても、数年後にはfacebookとtwitterなしでは生きていけないっ、とのめりこんでいるかもしれない。仕事と同じく、情報化のスピードは予想しがたいほど早く、しかも便利だからだ。還暦でスマホとタブレットを自由に操るばあさまになっていればそれはそれで面白い。


PS.手紙を扱った名作は、宮本輝氏の「錦繍」など数多い。



私の1番のお勧めは井上ひさし氏の「十二人の手紙」。出版年は1980年と古いが、人間の本質を描いた内容は決して古くない。幾分ミステリー仕立てになっていて、アッと思う最後はサスペンス好きな私のツボにはまる。


ああ、年賀状書かなきゃ・・・





【2011/12/24 11:49 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<聖夜の夜の惨劇未遂 | ホーム | 冬のボーダー>>
コメント

あぁ、早くKYOKOさんもFBアカウント登録して私に教えて下さい。

また東京か大阪かでお会いしたいですね!!!
【2011/12/24 22:30】| URL | yukabell #E.zFWoCM[ 編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/12/25 06:52】| | #[ 編集] |

FB、使いようによっては便利ですよ。
最初に誘われたのは外国人の生徒から。
国籍問わず繋がれるのは良いことだと思います。

でも私は世界は広めないタイプ。
もっぱら仲間内の連絡網&近況報告です。
友達認証も顔を合わせた人限定。
全然知らない人にプライベートはさらけだせません!

【2011/12/25 14:50】| URL | ひさみん #-[ 編集] |

★yukebellさま

そんなことを言われると、アカウント開設したくなってしまうではないですか!(単純)
楽しそうにも思うんですよね~。

TOKYO or OSAKAでまた是非お会いしたいです。姪が東京にいる間には必ずと思っているので、機会はあると思います。大阪駅周辺も様変わりしてますよ。観光にどうぞ。

【2011/12/26 09:40】| URL | yukabellさま #-[ 編集] |

★鍵コメ様

おっしゃるように開設すると退会もやっかいそうだし・・・(結構手続きが面倒らしいですね)と二の足を踏んでいます。

アメリカはもっとだと思いますが、日本でもFB派が随分増えてきたように実感しています。マーク、どこまで儲けるねん(笑)。
【2011/12/26 09:42】| URL | 鍵コメさま #-[ 編集] |

★ひさみんさま

私がやってみたいと思う理由の1つはそれ。海外在住の友達の近況が分かるなぁと。世界がつながるツールとしてはやっぱりFBでしょうねぇ。

職業柄、もうちょっと研究してみます。
【2011/12/26 09:44】| URL | ひさみんさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/777-c6cd5fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。