スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
セカンドバッグはありえませんか
年末になり、珍しくお出かけスケジュールが詰んできた。昨日は韓国料理店で友人たちとの忘年会。韓国鍋は温まるわ。12月は一応結婚記念日やクリスマスもあるし、予定のない日はなるべく摂生に努めたい。

ところで、だんなさんと出かけるとき、彼は会社帰りのスーツならばビジネスバッグ、くだけた私服ならばショルダーバッグか小さめトートなどを持っている。でも少々こじゃれた場所にドレスシャツっぽいもので出かけるときはどれもピンとこない。アタッシェならば仕事らしくなるし、ショルダーならカジュアル過ぎておかしい。

だから、結局は手ぶらということになり、私のバッグに財布やキー等を入れてくれと頼まれる。でも、私とて少しドレスアップしているときはクラッチくらい持ってみたい。バッグがパンパンになるのはとてもお洒落とは言い難い。それでもって、クリスマスプレゼントはセカンドバッグくらいがどうかなぁと考えていた。

ボッテガセカンド
ボッテガは実は私が欲しい。それに何せ予算を相当オーバーする。ボッテガの華やかな色のクラッチバッグ、プレゼントしてくれないかなぁ。

グッチセカンド
ちょっと予算を落として、グッチなんかも日頃の服装には合い易くていいかも。

などと検討していた。

そんな中、ちょこちょこ見ている皆様もご存知であろう「発言小町」に、「婚活 セカンドバッグが許せません」というトピを発見した。

42歳、婚活中のY嬢は婚活パーティで出会った某氏との初デートで、氏がセカンドバッグを持って現れたのを見て、「ありえない!」と一気に脱力しているようなのだ。

彼女の気持ちも全く分からないというのではない。今の時代、レノマやハンティングワールドのセカンドバッグでデート相手が現れたら、こりゃまた懐かしいレトロないでたちで・・・と思うだろうが、まあそれはそれ。同じく、ポロシャツの襟立てやケミカルウォッシュジーンズ等々。さすがにフレンチレストランにジャージで現れれば常識を疑うかもしれないが、セカンドバッグは私は許容範囲内である。というより、逆に彼がきちんとしたスーツを着ていたならば何を持てばいいのだ。氏は40歳くらいらしいから、ボディバッグやトートなんかもちょっと若々しすぎる気もする。セカンドバッグ便利なんちゃうん?と思う私が、現代ではダサい女なのかもしれない。

私が現だんなさんと出会ったのは大学生の頃で、ある日、デートに彼は緑色のセーターとピンクの靴下を履いてやってきた。パンクでもアバンギャルドな人間でもない、単なる派手好きだったようだ。この人、色盲かと目を疑った。そこから何とか更生(笑)の道をたどって、今はほどほどの服を自分で買ってきて、自分でコーディネートできるようになった。

婚活中のY嬢の話を読んで残念だなぁと思う。男性でものすごくお洒落にこだわりがある人は少数派だろうし(おまけに着道楽はお金がかかる)、大抵の男性は服装に関しては彼女や奥さんの意見を割と採り入れるように思う。一緒に似合う服選びのデートも楽しいだろうし、こんな服が似合うだろうとプレゼントする楽しみもわく。堅実な人や地味好みな人は、オーランド・ブルームでなくとも、ユニクロや百貨店のオリジナルくらいで十分にそこそこのお洒落が楽しめる。私は人のコーディネートをするのも大好きなので、彼氏の洋服選びなどワクワクするだけなのだけど。

私に言わせると、20代ならいざしらず、セカンドバッグでやる気を失うなんてもったいない。かという私も以前は外見重視であった。イケメンというよりもその人の顔立ちやスタイルが気になった。でも30代後半からはさすがに男性の人間性や面白みに心惹かれるようになった。持ち物はその人の付属物にすぎない。それを置いて裸になったその人が魅力的かどうかが、彼氏ではなく特に旦那ともなると大事だと思うけど。

セカンドバッグ、連れていく店、割り勘・・・どん引きポイントは人によって様々に異なる。でも、過去の自分をさておき、友達に旦那さん選びのアドバイスをするならば、なによりも「誠実さ」を推したい。たとえ退屈でも、誠実であることってすごく大きな美点だと思う。人に、仕事に、生き方に、「誠実」であることは難しいことだよね。でも一方で、それを見極めることは同じくらい難しいものだよね。



PS.ところで、セカンドバッグはやっぱり女性の目からはありえない持ち物なのか。まあそれはそれで虫除けになっていいんじゃないかな(笑)。


【2011/12/12 09:55 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<夜の女子会にて | ホーム | 「ここに地終わり海始まる」-宮本輝と旅と>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/771-f588e951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。