スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
伊勢志摩の旅(IV)-グルメ編
名古屋の食べ物は味が濃いだがにゃー(方言適当)。SAでおでん鍋のようなものを見つけ、美味しそうなので蒟蒻と鶏串を頼んだのですが、ものすごく味が染み込んでいました。名古屋コーチンもこの味付けで。いや、美味しいんですけどね・・・少し飽きます。

タラサ志摩の食事は、朝食が非常にGOODです。洋食好き、パン好きの方は少し物足りなく思われるかもしれませんが、私は昼ご飯や夕食はさておき、朝は何はなくとも和食派。納豆に海苔とお味噌汁とご飯。そこから1日が始まるのです。





タラサの朝食のご飯は、地元の白米、黒米、おかゆの3種類。どれも絶品の炊きあがりとお味です。特に黒米の上に、アオサを混ぜ込んだトロロをのっけて食べるのにははまりました。毎朝これです。そして伊勢志摩特産の佃煮類が10数種揃っています。これだけでご飯が何杯もお代わりできること必至です。「パンって元気がでないじゃん」と年寄りのような言葉が口をつきます。朝食付きにしていない人も2500円でこの食事をいただけるのですから一度ご賞味を。


dinner1.jpg

dinner2.jpg


2日目の夕食はホテル内のイタリアンにて。コースを予約してありました。割と食の細い私でも完食。男性などはちょっと物足りないかもしれません。折角の伊勢海老、もっと大きいものが食べたかったです(笑)。Rちゃんの離乳食は「白身魚のリゾットとハーブティーのジュレ」。今後はこんな離乳食そうそう食べられないはずです。

乳幼児含めた6人でと予約していたので、海沿いの席からははずれて奥の方の席を用意してくれていました。ベストな海の見える席はカップルらで埋まっていたのでほっとしました。横は十数名のマダムたちの女子会。でも、Rちゃんは離乳食を食べてご機嫌で眠ってくれたのですけれど、Aちゃんはお子様用ディナーの途中でぐずり始め、2度ほど泣きやませに我々が中座で外に連れ出しました。

隣のマダム達はもりあがっていたようなので気にはならなかったとは思うものの、最後にお詫びにうかがい、ちょっとお話しさせていただきました。

「孫と同い年くらいかしら~、と私たちも話題にしていたのよ。気になさることないわ」
とご親切に言ってくださってほっ。


人ってなかなか立場が違う人のことを理解できないものです(私だけか)。子供連れ旅行に慣れていない私は、逆の立場なら「折角ロマンチックなディナーに子供を連れてくるなんて。泣き声で台無しやん」などとだんなさんに愚痴ったかもしれません。しかし、スタッフはもちろんのこと、世の中のママやおばあちゃんたちは子供にとっても親切です。旅行中は助けられたり、逆に困ったりいろんなことがありました。節度とマナーをわきまえつつも、子供や老人に優しい環境作りの大切さを実感させられた感じです。世は、持ちつ持たれつ。


旅レポ、もう少しだけ続きます。




【2011/12/02 09:32 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<既にクリスマス気分 | ホーム | 伊勢志摩着せ替え編(II)-旅のドレス>>
コメント
そうですねぇ
こっちのスタバで私に冷たい視線を送るのは大抵独身男性かな。でも、こういう人は少ないし珍しいくらいですけど。日本は怒る気にもなれないほど多いというか、聞こえよがしに文句言ったり(これは私の体験)、年配男性で怒鳴りつけてくる人も居たそうです(これは友人談)。

でもね、私の夫も子供連れに超文句言う人だったんです、私がたしなめるほど。それを言うと「あの時は分からなかったから仕方が無い」とか言うんです。人はみんな、そんなものですよ。

それでもまあ、子供がいるんだから仕方ないじゃない!と開き直ったり、図々し過ぎる親御さんが居るのも事実で、線引きが難しい。

いっそもう、フランスみたいに高級レストランや映画館は乳幼児禁止に法律ですればいいのにと思うこともありますよ~私でも。
【2011/12/03 15:33】| URL | mg #-[ 編集] |

こんにちは。

今回はお子様用コースや離乳食も用意されているリゾートホテルのレストランなので利用させてもらいましたが、街のレストランはやはりお子様の利用不可が無難なのかもしれませんね。

日本はまだまだ子供に不寛容な国であるようです。遅まきながら子供に優しくあろうと思い始めています。ママは大変だわ!(パパも)

【2011/12/05 09:05】| URL | Mgさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/767-340a71f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。