スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
伊勢志摩の旅(III)-女ならでは(1)
皆様ご存知?のように、私の旅にマッサージやエステ、スパは必須要素です。残念ながら温泉も大浴場もありませんが、タラサ志摩は日本初のタラソテラピー施設として温海水のプールがあります。


「タラサ」はギリシャ語で「海(θάλασσα)」の意。タラソテラピーは、海辺の自然な環境に抱かれて、海の全てを活用しながら、心身を癒しリフレッシュさせる海洋療法です。海水利用以外に海洋性気候・海洋添加物(海藻・海泥)を利用することで、タラソテラピーに更なる効果をもたらします。


正真正銘、海育ちの私、そして姉も姪たちも、まさに海と共に大きくなってきました。知らず知らずのうちにタラサテラピーの恩恵を受けていたのかもしれません。結婚して大阪で暮すようになってから潮風と波の音が近くにないことに時々ストレスを覚えます。

バッグお土産
(姪が仕事の関連でヘリコプターに乗せてもらい、実家周辺を空撮したものです)。


プールは8時から10時までが大人の時間で、子供たちは使用できません。毎晩、この時間にプールに出かけ、海水の上を漂ってまいりました(本当にちゃんと浮くのだ)。

そして施術は今回、Cちゃんも私もプールを使用しないドライタラソでオイルリンパマッサージを受けました。テクニックもオイルも特に目新しいところはないかもしれません。気になった点としては、施術中に室外でスタッフがバタバタと歩く音が結構漏れてきたところ。完全防音とまでは要求しませんが、配慮不足だと思います。そして、いつものことですが、「ものすごくお疲れでいらっしゃいましたねぇ」と最後に指摘されました。全く悪気でないことは承知しているのですけれど、こういうネガティブなコメントだけってあんまり好きではありません。この辺りがお疲れでしたね、と指摘した後は、少しポジティブな言葉で締めくくっていただきたいというのが私のごく個人的な意見です。褒めて伸びる子です(笑)。

タラサにいらっしゃる方は折角だから水を利用したウェットタラソをお勧めします。ともかく、このタラサテラピーがこのホテルの最大の売りだと思うので、水回りの空間にもう少しゴージャスさと一ひねり欲しいところです。この辺、海外リゾートと比べてしまいますね。



エステ中、Rちゃんと息子2人はプールで水遊び。姉はお部屋にマッサージを呼んで指圧してもらったそうです。この指圧師さんがゴッドハンドで、姉はこんなに上手な人は初めてだ!と感心しておりました。

後は夕食までごろごろか、散歩だな~と考えていると、な、なんと驚くべき展開に→(次回へ)。




【2011/11/28 09:07 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<伊勢志摩の旅(III)-女ならでは(2) | ホーム | 伊勢志摩の旅(II)-星野氏の志は>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/764-833ef5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。