スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
伊勢志摩の旅(I)-お医者さんではなく
今年は一生懸命働きました。いや日本中の会社員や専業主婦の方々も不景気の中、一生懸命働いたこととは思いますが、私も前年比120%の勢いで働きました。ということで、むず痒い言葉ですけれど「自分へのご褒美」なる休暇を計画することとしました。

とはいうもののスーパーサラリーマン(笑)のだんなさんが一緒に休暇をとってくれるわけではなく、二人の息子を育児中で、お仕事も手伝ってくれた姪のRちゃん(しかも旦那様が2ヶ月間の出張中)も慰労してあげようと4人旅の計画に変更しました。でもよく考えてみると、乳児や幼児の世話は私では行き届く訳もなく、姉も誘うことに、そしてお留守番は嫌ーと言う姪のCちゃんも参加することに。大人4人、子供2人の計6人の大所帯の旅となりました。一応社員旅行です。パパたちはみんな留守宅を守ることに・・・

大人旅が得意な?KYOKOでありますが、今回はかなりアクティブで目先が変わった内容となっております。


出発

Rちゃんの車でマンションまでお迎えに来てくれて、ドアツードアの楽ちん♪旅。でも3列シートの一番後ろはちょっと窮屈。6人乗りこめばバスの旅みたいです。


車で出かけられる範囲で、のんびりできて、食べ物もおいしくて、女磨きもできて、子供も楽しめるところ--そんな条件を満たすところはと話し合った結果、伊勢志摩に決定しました。歴女の姉はじめ、私の実家の面々はけっこう寺院仏閣巡りが好きなのです。

Aちゃんが「どこに行くの?」と聞くので、

「お伊勢さんよ」と答えると、

「注射打つの?」と。

「お医者さん」と聞こえたみたいです、ごめんね。お注射なしの楽しいところ。




伊勢神宮は言わずと知れたパワースポットの名所。このパワースポットという言葉は最近使われ過ぎているように思えますが、この伊勢神宮の地に立つと、本当に素直で荘厳な気持ちに全身が満たされるのが分かります。

でも、参拝前には伊勢神宮おかげ横丁で一遊び。伊勢が最も賑わった江戸後期から明治初期の風情を再現した53店舗が立ち並ぶ、見て、食べて、歩いて楽しむ通りです。


赤福


そりゃあ、おまえさん、まずは赤福でしょーが。


AR.jpg 招き猫2

招き猫とパチリ。



伊勢神宮 伊勢神宮2


私のこのへぼ携帯でもお分かりいただけるように、素晴らしい景色でしょう。たくさんの巨木をぎゅっと抱きしめると、木のパワーが静かに伝わってくる気がします。お伊勢さんは一生に1回来る場所ではなく、毎年、何かの折り毎に立ち寄って神との対話をする場所だそうです。お母さんも連れて来てあげたかったなぁ。



次回は伊勢志摩の素敵な海岸沿いのホテルのレポートです→





【2011/11/25 09:48 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<伊勢志摩着せ替え編(I)-旅は軽やかに | ホーム | 倖せの感じ方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/761-e32d41d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。