スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
9月大歌舞伎-お帰りなさいませ
鳥取旅行記はひとまず後回し。連休真ん中は楽しみにしていた歌舞伎見物。ミーハーな私は、騒動後の海老蔵を見たかったせいもある。海老蔵が大阪にやってくるのは確か2,3年ぶりだろう。


9月大歌舞伎


<演目>
一、猿之助四十八撰の内 華果西遊記(かかさいゆうき)
二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
三、幸助餅(こうすけもち)



成田屋、歌舞伎十八番の演目「勧進帳」父子揃っての登場だ。私のすぐ横で「成田屋っ!」の掛け声がかかる。團十郎さん、ちょっとお疲れかなぁ。声に張りがない気がする。僭越ながら海老蔵さんはどうも元気が空回りというか一本調子であんまり好きな演技ではないのだけれど、やっぱり華はあると思う。あの睨みがあらゆる所で全開で、ぐっと来るのである。マオさんとの間にあの眼を受け継いだ跡取りができるかしら(笑)。

「勧進帳」ももちろんよいけれど、私は「華果西遊記」のようなエンターテイメント性あふれる華やかな舞台が好き。手品あり曲芸あり。そして衣装が素晴らしい。蜘蛛女の金と黒の着物は、まるでファッションショーのように目を奪われる。レディーガガに見せてあげたいわ。私は衣装好きなので、どうも演技よりも着物に注目してしまう。日本人の美意識やセンスの繊細さと大胆さに改めて感動する。

海老蔵さんは今回の出演料全額を震災基金に寄付するという。私のチケット代も少しお役に立てたか。


実は腰が今一つまだ本調子でないのと、3幕4時間超は疲れるので2幕で松竹座を後にした。並んだ良席が1枚しか入手できなかったので、おひとりさま観劇。

でも、だんなさんがお迎えに来てくれるというのでここからはミナミの夜へ→



【2011/09/26 08:49 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<ミナミの夜は・・・ | ホーム | 鳥取旅行記(III)-ノワ、鬼太郎と出会ふ>>
コメント


西遊記、私も、面白いとおもた。

煌びやかな女性が、一瞬にして
オッサンみたいた声になったのも
ツボにハマったわ。

3幕の、幸助餅もよかたよ。


【2011/09/26 09:26】| URL | ありす #-[ 編集] |

★ありすさま

幸助餅、面白かったのかー。30分待たされたんなら頑張って見ればよかったかも。

女(蜘蛛)、すごい化け具合だったよね。

昼のも観たの?機会があればまた今度ご一緒してね。
【2011/09/26 11:14】| URL | ありす様 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/729-4f22494f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。