スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
成就しない恋だけがロマンチック
夏風邪、暑いのか熱なのかがはっきりしないうっとおしさ。チケ入手済みの日曜日の観劇までには何とか完治させたい。隣で咳込むような事態になれば周りの人々に迷惑だから。でもだいぶん快方に向かっている。


何となくTVを観ていたら、道ならぬ恋に悩む人妻の悩みが紹介された。コメンテーターの一人がこのように答えていた。

「自分からピリオドを打たないといつまでも未練だけが残るのよね」。

世の中には、どうしても手に入れられないもの、手に入れるべきではないもの、手に入れたとしても幸せにはなれないものが多分ある。でも、手に入れがたいがためにかえって執着して手に入れたくてしょうがなくなる。そして、実際に手に取った瞬間、あんなにキラキラ光っていた宝石がまるで魔法のように単なる薄汚れた石に変わってしまう。いや、そのように見えることはよくあることだ。

人は、ふられた人間にはいつまでも未練を残す。その前に自分からさよならを言い渡すのだ、とコメンテーターは言っているのだろう。別のコメンテーターはとことんまで行き尽くしてぼろぼろになれ(笑)とアドバイスした。これもある意味正解。

「諦めないことが大事」と今なでしこ一辺倒のTVは訴えている。でも違った意味で諦めることも大事。相手(運命)から引導を渡される前に自分が引導を渡す勇気も時には必要なのかもしれない。

「それでも恋するバルセロナ」でペネロペ演じるマリアはこう言った。

ペネロペ

「成就しない恋だけがロマンチック」

自分から手放した恋は、きっとロマンチックな想い出としてその後、何度も反芻して楽しめるんじゃないかな、その時のどうしようもなく辛く苦しい気持ちも含めて。何となく個人的にそう思う。


PS.別に今私は道ならぬ恋に悩んでいるのではないのです(笑)。
「恋」を様々な別の言葉に置き換えてみてくださいな。




【2011/07/22 10:24 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「播州皿屋敷」-夏のお昼もヒヤッと | ホーム | ローラーガールズとなでしこたち>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/689-25b605f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。