スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
捨てる神あれば拾う神ありて
ノワの狂犬病の注射に行ってきました。病院はたくさんの人や犬がいて結構好きなのです。注射はやっぱり大の苦手で、お医者様を困らせましたが。

もうすぐ2歳の若犬なので病院に行くのは検査と注射くらいで、年に2、3回程度です。受付で名前を書こうとすると(ふつうは木村/ポチのように)、私の前に並んだ女性が田中/犬(??)と書き込んでいかれました。「犬」って(笑)。ところが間もなくその理由が分かりました。

待合室でも隣り合わせたその女性曰く、その「犬」と書かれた(多分)コーギー犬は、トリミングサロンの目の前にきちんとカットを済ませた様子で箱に入れられ、

「1歳です、可愛がってください」

と捨てられていたそうです。捨てて行った人間がサロンの客だったかどうかは確認していません。ただ、その子が艶々した毛並みで手入れされていたことは明らかです。一緒にいただんなさんは、

「可愛くしておいた方が、拾われる確率が高いと思ったんだろうか」

と言いましたが本当にそうでしょうか。ひどい。

そう言えば、以前病院に行った時も、爽やかなイケメン(笑)男性が、捨てられていたらしき犬を連れてやってきていました。ここらはもしかして犬猫にとても優しい土地柄なのかもしれません。

ご存知のようにノワールの前住猫ミタも実は捨て猫でした。同じように「ミタです」と名前を入れた段ボール箱に捨てられており、子猫かと思ったら実は栄養失調でカラスに襲われかけ、HIVのキャリアでした。でも我が家に来てからはむくむくと太り、幸せな半生を過ごしたものと信じています。

女性はその可愛いコーギーを、里親を探してやるつもりだけれども、見つからなかったら自分で飼うわ、とおっしゃっていました。人間の心の底を見透かすような純粋な犬の眼は、いったい何を見つめているのでしょうか。その女性はとても柔和な顔つきをした犬好きの素敵な方でした。きっとこれから幸せな毎日が始まることと思います。


狂犬病

2011年度の大阪府の登録シールは、以前のあの「犬」と大きく書かれたシールからこのように可愛く変身しました。



【2011/07/11 09:23 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<節電の夏(III)-定時の王子様とサーキュレータ | ホーム | 「下流の宴」-一皮むけた瞳さま>>
コメント

ペットショップや動物病院、ペットホテルなんかの前に捨てていく人
結構多いんだってね。
近所の人は、国道を車で走ってたら、
前の車が一旦停止したとたんコリー犬(ラッシーね)を放り出して去っていったと。
ご近所さんはそのコ(と言ってももう立派な成犬)を見捨てられず、拾ってきたと。
酷い話だけど、あんな大型犬を拾って飼うご近所さんもすごいなーと思った。

ところで、登録シールめちゃ可愛いやん!
家が飼っていたときは「犬」という味気のないシールだったよ。
【2011/07/11 12:58】| URL | みにゃたろう #-[ 編集] |

★みにゃさま
そう、それと同じようなことをその女性も言っておりました。殺してしまうよりはましなのかしらん。

たとえば津波のようにどうしても仕方がない理由はあるのかもしれないけど、主人にいきなり捨てられた犬の気持ちを思うと不憫でしょうがないよ。そう言う人は来世でゴキブリにでも生まれ変わるね(ゴキブリよ、すまぬ!)。

シール、可愛いでしょ。玄関の「犬」と貼り替えようと思ったら、「犬」がどうしても剥がれない・・・ま、「犬」シールにはそれなりの良さがあるか(笑)。
【2011/07/11 16:11】| URL | みにゃたろう様 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/685-348efa03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。