スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
なぜ「これ」は健康にいいのか-ゆっくりと生きる
以前からこのブログを読んでくださっている方はご存知の通り、数年前にガタガタっと体調を崩した時期があります。交番前の(笑)道で倒れて救急車を呼んでもらったのを機に、眩暈と頭痛とものすごい疲労感に襲われるようになったわけです。CTを取ったり、頭痛外来や眩暈外来に出かけたり、胃カメラを飲んだり、女性ホルモン量を調べたり、ほとんどの科を回ってまさにドクターショッピングを約1年くらい続けました。今考えると泊まり込みで完全な人間ドックを予約した方が安くついたのかという気もします。その他、鍼や整体などの東洋医学系ももちろん試しました。

器質的な異常が見つからず、最終的には心療内科のお世話になり、パニック障害らしき診断を受けたわけです。この診断についてはいまだに納得しきれていないのですが、とりあえず数ヶ月通院しても状態は変わらず、もしくは悪化の一途をたどったため、思い切って行くのをやめました(薬物療法をはなから否定するものではありませんが、薬で治すのはどうも嫌い。信用していないものを飲むのだから効かないのは当然だったかも)。

パニについては詳しい本やブログが世の中に山ほどあるのでそちらをご覧くださいませ。私のドタバタ劇については「パニック障害」のカテゴリをどうぞ。今は完治というより寛解(かんかい)という感じなのでしょうか。車の運転と海外旅行は一応まだ封印しており、ある場面では冷や汗や動悸がぐっと増し、眩暈もたびたび起こります。けれど世代を考えると、まあ人並みな生活を送っています。しかしながら、美容院に行けば、シャンプー台で気が遠くなり中止、ジムに行けば、10分ほど歩いただけで洗面所に駆け込み吐くという繰り返し(それでもカラーリングしてトレーニングしようとするのが我ながら根性だわ)の日々は何だったのだろうと今もって試行錯誤を続けています。

その間、様々な本を読んで自分なりに勉強し、自分なりに悟ったことは、やっぱり「自律神経」って大事なのだろうということ。何でもかんでも自律神経失調と片付けるのは簡単ですが、多くの不調はやはり自律神経のバランスの乱れからくる体の免疫力の低下なのだという結論に達しました。

ちょっと前、ふと杉本彩さんのブログを読む機会があり、その中でこちらの本が紹介されていました。




誰もが、病気になんかなりたくない、そう思いながら生きています。でも実際には、病気になりやすい人となりにくい人がいます。

「この違いをどうしても突きとめたい」。20年以上にわたり、そう願い、問いつづけた一人の医師がいるのをご存じでしょうか。本書の著者であり、自律神経研究の第一人者として知られる順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生です。自律神経とは内臓や血管の機能をコントロールする神経のことで、交感神経と副交感神経に大別されます。

小林先生によると、自律神経の研究が進むにつれ、これまで謎とされてきたさまざまな症状の原因がじつは交感神経と副交感神経のバランスが崩れたことにあるのではないか、ということが、最近、わかってきたそうです。

逆にいえば、交感神経と副交感神経のバランスをじょうずにコントロールできるようになれば病気になりにくくなるといえます。


ものすごく気になって思わずポチ。本自体は1時間もあれば流し読みできる簡単な内容で、そこまで医学的に突っ込んだ内容ではなく素人向けだと言えます。でも、この数年間、私が実践しようとしていることが裏付けられた気がして、うなづきながら読み進めました。杉本彩さんも極度のストレスから不整脈が出るほどまで体調を崩したところを、自律神経のコントロールで治癒させていったそうです。

詳しい内容の紹介は省きますが、本の帯にもある、「ゆっくり 生きると 病気は 逃げる」という言葉に集約されるかもしれません。焦った時ほど「ゆっくり」と。イラチで(自分のことにのみ)神経質な私にとって「ゆっくり」というのは人よりも数段大きな意味を持っているように思います。

本日は誠に中年らしきブログでございました。

納期はあるけれど、ゆっくりと、ゆっくりとね。

忙しく走り回るママさんも、兼業主婦さんも、キャリアOLさんも、翻訳者さんも、ゆっくりとね。


【2011/06/22 09:20 】 | 本棚 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<「細胞記憶」-身体が覚えているもの | ホーム | ベビーフット5日目-脱皮ほぼ完了>>
コメント
私も
私も翻訳者&アラフォーで、体調はぼろぼろ・・・・。なので、ポチしちゃいました。ゆっくり生きる、これが大事なんですね・・・。早く読みたいです。
Kyokoさんのブログ、毎日楽しみにしています!
【2011/06/22 10:09】| URL | あさこ #-[ 編集] |

★あさこさま

ブログを毎日読んでくださっているとのこと、本当にありがとうございます。少しでも有益な情報を流せるように心がけますね。

この本の中に、男性は30歳、女性は40歳に大きな曲がり角に当たるというようなことが書いてありました。多くの女性が通る路だと思うとちょっとホッとしますね。

あさこさんもきっとまたお元気になれると思います。お互いにマイペースでぼちぼちいきましょう。
【2011/06/22 11:38】| URL | あさこ様 #-[ 編集] |

ここ最近ずっと「体がだるい」のだ
朝、会社に着いた時がピーク(仕事が嫌なだけ?)
スポクラのレッスンも持久力が保たなくなった。
体力落ちたナーと痛感する今日この頃。
肝機能が著しく低下した時と同じようなだるさなんだけど
それ以外の症状が違うしな。

私も一度この本を読んでみるわ。
「あぁそうか」と腑に落ちるところがあるかもね。

【2011/06/23 09:47】| URL | みにゃたろう #-[ 編集] |

★みにゃさま

いつも元気そうだけどな~。
でも誰でもこの季節の変わり目はつらいよ。だるだるだよ。梅雨の湿気と真夏日に節電!、自分をいたわらないと駄目だね。

「運動は朝するな」
「怒りの80%は自己満足に過ぎない」
という言葉にうなづいた私であります。
【2011/06/23 11:44】| URL | みにゃ様 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/675-4e58b9e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。