スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
20年後のニッポン
ご存知の通り、私がブログを書いているここは大阪。

「経済を回そう」というほど大口は叩けないけれど、ここは関西人、頑張って買物もするし、仕事もするわと思っていた。ところが、全く変わらず仕事をこなしている友達もいることはいるが、周りの友達およびその旦那様に聞いたところ、材料が復興関連に回されてキャンセルとなり、仕事が急に暇になった人々も多いそうだ。東大阪などは中小製造業者が多い「モノ作りの町」でこの辺も今から段々物資不足で困った事態になるかもしれない。食べ物の卸で働く知人も、「大阪でもこれから物が手に入りにくくなってくるよ」と言っていた(だからと言って、買占めをするつもりはないけれど)。タバコも個数制限が始まった。これを機に禁煙しようよ。

それはそうだよな。全部つながってるもの。週末に美容院に行ったが、私よりずっとサンプル数が多いと思う美容師さんも、様々な職種のお客さんから同じような話を聞くという。入学や卒業のこの時期、稼ぎ時の美容室もなぜか去年より売上が相当ダウンしたそうだ。毎年恒例の地元のお花見フェスティバルも中止となった。

なんだかんだで一向に明るい話題が出てこない。といって後ろ向きになってばかりいても仕方がない。だが、本来ネガティブシンキングかと思っていた私は、意外とポジティブシンキングな人間かもしれないとふと気が付いた。それは他人事だと思っているからだよ!とお叱りを受けるかもしれないが、同じ日本、同じ地球に住んでいる以上、他人事ってあり得ない。関西が無事だと思いこんでいる人はいまい。原発頼みは東京以上だし。


戦後65年。終戦時、東京は焼け野原だったそうだ。広島と長崎には原爆が落とされた。地震も怖いが、日本全土いつどこから落ちてくるかもしれない爆撃も怖い。祖父の兄弟は戦死した。でも、私が物ごころついた時には十分に文明の恩恵をこうむっていた。「蛍の墓」のような生活を送った子供たちがいたとは想像だにしなかった。そして、終戦からたった20年後には東京オリンピックが開催されて、全世界から東京に人々がやってきた。最近の20年だけを見ていても、科学技術の進化のスピードは目覚ましい。エコ家電だってどんどん進化している。「もったいない」という言葉から分かるように、資源のない日本は世界と比べて格段に効率の良い資源利用を行っている。

この日本の底力というか、火事場の馬鹿力というか、賢い人は本当に賢いのだわ、と驚嘆する。日本人は何人ものノーベル化学賞の学者も生んだ。オイルショックで石油依存から抜け出したように、原発ショックから新たなエネルギーを開発する力は絶対にあると思う。太陽光、地熱、バイオエタノールなどのバイオエネルギー等々。これからの20年で、新エネルギーや節電技術、無人ロボットや汚染処理技術、その他様々な分野でその馬鹿力から新たな技術革新が急速に進んでいくんじゃないかなぁと思う。それらを海外に売り込んで、長い不景気から脱却し、奇跡の復活を遂げる。その役割の一部を担う実務翻訳の未来も決して暗くはないよね。

遺伝的に見て私は、天災や事故や人災に遭わなければ約25年後、頑張れば30年後くらいに、「さすがだわ、日本。昔ね、大きな地震があってね・・・」と老人ホームで若者相手に昔話をしながら死ぬ予定である(笑)。


PS.今手がけている案件はちょうどLED関連。従来の白熱電球などよりもずっと節電効果が高い。LED照明の開発も加速するだろう。私の仕事もちょっとは増えるはず?





【2011/04/04 08:46 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ねえ、そこのおねえさん | ホーム | 「知らない」ことと「知る」ことと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/637-69bf3b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。