スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ノワと旅する(I)-ノワ様御一行出立
実は冬の京都旅も完結していないのだが、まっいいか割愛。そのうち続きを書くかも。

さて今回は、2011年になってからちと働き過ぎた。その様子を見かねてか、だんなさんが一泊で温泉に行こうと誘ってくれた。ただし条件が一つあると--「ノワも一緒だよ」と。



ひゃっほう、昔から憧れてやまなかったのはペットとの旅。トロと旅するならぬミタと旅するはついぞかなわなかった。でもノワと旅するがついに実現するのだ。

だんなさんの気が変わらないうちにと、車で一泊の距離で、犬連れで行ける温泉宿はないかとあれこれ探って、「マリーナに佇むカジュアルフレンドリーな海辺のオーベルジュ」との文句に魅かれて見つけたのがココ。淡路島なら車でひとっ走り。

「海のホテル 島花」

あのホテルニューアワジのチェーンとして昨年オープンしたばかりで、淡路夢泉景とホテルニューアワジ、スパテラス水月のお風呂も全部無料で使えるというのだ。旅館とホテルの間くらいのなかなかリーズナブルな料金である。犬が泊れるドッグルームはわずか2部屋なので慌てて予約を取った。ギリギリセーフ。


週末の神戸は快晴。明石海峡大橋はここを車で走り抜ける解放感にいつも感動する。そして、


外観

ホテルニューアワジ、エクシブ淡路等々を通り越してマリーナ施設内に入り込む。えっ、ここ?HPの写真とイメージが・・・ちょっとビジホっぽいかも、と少々気落ち気味の私たち。


内観 内観3

でもホテル内に一歩入ると、外観の雰囲気は全く覆された。実はこのホテル、既存の施設を買い取り、外観はほぼそのままで内装をすべてリフォームしたらしいのだ。屋上までつながる吹き抜けは解放感に満ち、フロントやロビーも洗練されたデザインだ。何よりすべてが真新しいのが心地良い。若い男女が中心のスタッフも、若いホテルに似合って旅館とはまた一味違うすがすがしさだ。


内観2 プール

食事を取るレストランからはもちろん海が見え、マリーナを横手に見ながらのお茶もリゾート感を味わえる。実家が懐かしいよー。夏ならカクテル飲みつつ日がなプールで寝そべっているのに。

カフェ

ふふ、テンションあがってきた。しかも今回はノワも一緒なのだ。ホテルの皆さんから大歓迎を受け、こちらもテンションアゲアゲのノワである。


さて、帰省を除き、初のお泊り2人+1匹の旅行、もう少しお付き合い願います。


【2011/02/28 08:46 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ノワと旅する(II)-犬と猫の島 | ホーム | 繊細と鈍感と(続・続)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/620-df40ab60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。