スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
繊細と鈍感と(続)
さっき、お昼休みに自分のブログを読み返してみたら、何が何だか訳がわからぬ内容だった。書いている本人がそうだから、読んでいる皆様もさぞそう思われたろう。ちょっと追加して書いてみる。


たとえばだ、大切なペットが亡くなったとする。友人知人らが、

・大丈夫?元気を出して、と速攻でやってきて励ましてくれる。

・心温まる慰めのお手紙やメールをくれる。

・ペットのことには触れず、しばらくして別のお誘い(食事や楽しいイベント)をしてくれる。

・同じくペットのことには触れず、本やDVD/CDを送ってくれる。

・全くいつもと変わらない態度を取る。



最初の対応には、こんな時に人の相手をさせるなんて、と思うかもしれない。最後の対応には、何て冷たい人なんだろう、と思うかもしれない(マジでどうでもいいと思われていることも多い(笑))。しかし、人の気遣いとは本当に多種多様なのだ。どれもこれもが自分を励まそう、癒そうとしてくれるsignなのかもしれない。自分がこのうちでいずれかの対応を取ってほしい、それこそが「繊細」な心遣いだ、などと思うのは強欲であろう。そして、相手を責めるのはもってのほかだ。

自分が心から信頼する相手であれば、そっと肩を貸してくれる友人にも、変わらぬ態度で接してくれる友人にも、同じような気遣いを感じられるような気がする。

それに、親兄弟でもない限り、人は自分に大した義理などないと思っておくのが楽だ。非礼を嘆いたり怒ったりする代わりに、些細でも他人が自分に寄せてくれる関心に感謝しよう。ストレスがぐんと減る。

言うまでもなく、私自身はそこまで悟っていない。自戒を込めて。


*ますます訳が分からないか・・・


【2011/02/23 16:45 】 | つれづれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<繊細と鈍感と(続・続) | ホーム | 「繊細」という名の鈍感、その逆もしかり>>
コメント

わかりますよ~。すごく。
例えば私は泣いてる時に知らんぷりしていてほしいタイプ。でも娘は「大丈夫?」と言ってほしいタイプです。だから私流のやりかたで娘を気遣うと、娘は「『大丈夫?』って言ってほしかった」と泣く。めんどくさいものですよね~。自分を含めて(笑)
【2011/02/23 19:58】| URL | AKKO #-[ 編集] |

分かりにくい吐きだしネタに御賛同ありがとうございます。

当たり前のことだけど、人それぞれだなぁと思いますね。母娘なら近すぎてなおのこと見えないこともあったりして。

「人間関係は腹六分」-座右の銘にしてるかも。
【2011/02/24 09:10】| URL | AKKOさま #-[ 編集] |

他人に対して、常に自分の最も望む慰められ方だけを要求し、それとは違うと不機嫌になり、決定的に外れると怒り出す人、ってことかなあ。

関係ないけど、昨日食事をしていた相手が「誕生日メールを送ってくるのは、ものすごく親しいわけではなく、かと言ってものすごく疎遠なわけでもない、最近連絡取ってないな~程度の微妙な人だってことがわかった」と言ってました。

それこそ人それぞれだと思うんだけども、この話題に出てくるような人は、たとえ儀礼的なものであっても、誕生日メールを送ってくることが友情の証だと思えば、それを他人にも要求してきて、送ってこない相手に腹を立てそう(笑)。
【2011/02/24 11:25】| URL | セリ #nL6A2.tM[ 編集] |

簡潔かつ的確にまとめられ、ちょっとショボン(笑)。いやいや触発されてさらに続編を書きました。お返事はそこで。

誕生日メール、あるよね~。ものすごく親しい友人ほどかえって出しにくいメールかもしれません。
【2011/02/25 09:07】| URL | セリさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/618-373fbff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。