スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
引っ越し大きく前進か?-サッシ&タイル&フロア完成
引越しまだ~?という声があちこちから聞こえてくるようだ。被害妄想?いやとっくに引越し済みだと思っていた友人もいる。

実は、家具の搬入前にやっておきたかった工事3種がやっと終わった。

私がマンションを選ぶにあたって、欲を言えばいくらでもあるのだが、ここだけは外せないと思う条件が2つあった。1つ目は「駅に近いこと」(最低徒歩5分圏内もしくは駅直結)、子供でもいれば、近くに公園でもある学区もよい閑静な住宅街などという選択が浮かんでくるだろうが、それは気にしなかった。氷ない→即コンビニ。支払→即銀行。etc.etc。SOHOでおまけに出不精となれば、いちいち車を出して出かけるのも億劫になりがち。フットワークのよさを重視した。

2つ目は「見晴らしのよいこと」である。1つ目の条件を満たしつつ、見晴らしのよさを求めるのはなかなか難しかった。駅近で視界が開けるというのは(ここら辺りでは)専門家に言わせても見つかりにくい。つまり、すぐ周囲にそれよりも高いビルやマンションがなく、将来建つ可能性が薄いということである。しかし、マンション2階で長々暮らしているうち、カーテンを全開にして誰からも覗かれようのない場所でのびのび仕事したくなってきたのだ。タワマンを買った友人家にお邪魔したが実に爽快だった。だが、タワマンくらいになると今度は高すぎ&無機質すぎて何だかちょっと怖くなる。ベランダに出させてもらったら腰が引けた。高所恐怖症の人ならとても無理。

で、予算とも相談し、今のマンションに落ち着いた次第である。

駅近=うるさいことは想定済みだった。何かを選べば何かを捨てざるを得ない。だが、1日中家にいる私ではなく、平日は寝るくらいしか家にいない(笑)だんなさんが電車の音、どうにかならないもんかと不満を言い出した。そして検討のうえ、駅に向いた側の窓にすべて二重サッシを追加することにした。二重サッシは防音だけでなく、結露防止にもなり、冷暖房が効きやすいらしい。完成後、入ってみたが、確かに外からの音は半分ほどに低減された。

そして、見晴らしのよさを条件に挙げたのは、ベランダでビールっていうのをやってみたかったせいもある。今じゃ横のマンションの住民と目が合う(笑)。そのため、コンクリート打ちっぱなしの味気ないベランダにタイルを敷いてもらうことにした。タイルにもほんとにいろんな種類があり、モダンな黒も素敵だし、真っ白も爽やかだ。木目調もガーデニングにはマッチする。悩んだ結果、マンション外装と合わせた淡いベージュにした。裸足でベランダに出てもツルツル感が気持ちいい。今年の夏は、ミタとお外で白ワインの夢がかないそうだ。

最後に、お掃除下手の自分のために、全室フロアコーティングを施した。最新のフロアコーティングは半永久的(30年)もつとされている。ワックスがけなど面倒でちょくちょくやりっこないと自覚していたので、これは絶対にやろうと決めていた。一応、フローリングワックスや床ワックスに見られる短期間での剥がれや、光沢の喪失は皆無であるというふれこみだ。ネットでググってみて反対意見もあるものの、家具を入れた後ではほぼ不可能だと思い決行した。完成後の今はまさに鏡面のようにつるっつるである。これが果たして数十年もつものなのか今後注目。

無計画(意外と彼も)な2人故、予想外の出費がこうして嵩んでいる。来月くらいから次々カード払いが始まり、請求書が舞い込む。

働くモチベってことでしょうか・・・


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/05/21 09:56 】 | つれづれ |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。