スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
I LIKE CHOPIN
このタイトルにピンときた貴方はきっと私と同世代。小林麻美、アンニュイという言葉がこれほど似合う女優はいまだに出てこない。


小さい頃、放課後はバレエではなくバレーとサッカーに興じ、お稽古事はお習字だった。習字はなんだかんだと10年間ほど続けたのでまあまあの字が書ける。冠婚葬祭の折にはやっててよかったと思わなくもない。前にも言ったとおり、運動神経にはそこそこの自信があるが、音感には全く自信がない。親に対しては無理やり楽器を習わせて音楽センスを叩き込んでほしかったと思うが後の祭り。

それでもなぜかピアノが好き。仕事中のBGMはピアノ曲が圧倒的に多い。ベタだけど好きなのはショパン。このところケーブルTVで立て続けにピアノをテーマにした映画を2本観た。どんな駄作でもピアノとダンスをテーマにした映画なら大抵楽しめる。ダンサーの身体とピアノの音だけで満足できるからだ。

前者がスイス、後者がドイツの作品である。

僕のピアノコンチェルト(DVD) ◆20%OFF!

僕のピアノコンチェルト(DVD) ◆20%OFF!

価格:3,192円(税込、送料別)



スイスを代表する名優ブルーノ・ガンツ、神童テオ・ゲオルギュー共演で贈る感動作。思い描く夢を全て叶える能力を持つ少年ヴィトス。しかし、頭脳は天才でも心は少年のままの彼はその溝を埋めることができないでいた。そんな彼が自分自身でいられれるのは大好きなおじいさんと一緒に過ごす時間だけ。その優しさに満ちた時間の中で、人生は様々なパートの音と奏でるコンチェルトのようなものと気づいた時、大きな奇跡が起きる…。

少年時代のヴィトス役は、本物の天才少年ピアニスト、テオ・ゲオルギューが演じている。

4分間のピアニスト(DVD) ◆20%OFF!

4分間のピアニスト(DVD) ◆20%OFF!

価格:3,192円(税込、送料別)



世界各国の映画祭でも熱い歓声に包まれた話題作。無実の罪で囚われた天才ピアニストが自分の才能を信じてくれる女性教師との出会いを通して、再び人生の輝きを見出すまでを描く。主人公の演奏と息を呑む衝撃のラストシーンは、観る者の心を激しく揺さぶる。またモーツアルト、ベートーベン、バッハといったクラシックの名曲はもちろんのこと、ジャズやロックなど他のジャンルのテイストを大胆にアレンジしたピアノ曲も堪能できる。
60年以上にわたり刑務所で受刑者たちにピアノを教えるトラウデ(モニカ・ブライブトロイ)。彼女は刑務所内でジェニー(ハンナー・ヘルツシュプルング)という優れた才能に出会い・・・。


この作品にはドイツ在住の2人の日本人ピアニストが参加している。衝撃のラスト作を演奏する白木加絵さんと、劇中曲のシューベルトを演奏する元吉佐和美さんだ。サウンドトラックも聞きごたえがあると思う。この作品のラストには賛否両論あるであろう。ただ、オーディションで選ばれたほぼ無名の少女と、実年齢より20歳上の役を演じたモニカ・プライプトロイの演技は素晴らしい。

ピアノ映画がお好きな方は是非。



【2010/10/07 08:41 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<さあご一緒に | ホーム | 今年の1足>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/553-4d91a54b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。