スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
沖縄「喜瀬別邸」の旅(IV)-海ぶどう馬鹿食い
昨日のスパ編で人間の五感について書きました。世にはシックスセンス(第六感)というものもあるのでしょうがそれはさておき。そのうちの「味覚」に対する執着は、私の場合あまりありません。もちろん美味しい食事(お酒)は大好きで、何より外食の雰囲気も大好きなのですが、年齢と共に進む鳥の胃。つまり、調子がいいなぁと思うときでないと、コース料理(特にフレンチやイタリアン)を最後まで制覇することはなかなかできません。甘いもの命でもないので最後のデザートは要りません。特に夏バテが完治しないまま旅行に出てきてしまったので、胃が最高潮ではありませんでした。また、旅行中、我々は大抵遅めの朝食と夕食の1日2回の食事しかしません。長々しい言い訳を書きましたが、言いたいのは「食」に関してはさほど大したレポができないということでございます。その辺ご承知おきのほどを。レストラン通いの代わりにスパ通いでお金を落としているのでホテル側も納得せよ(笑)。

そうは言いつつ旅ですもの。自分なりに美味しいものは堪能したつもりです。

那覇空港に降り立ちレンタカーを借りるとちょうど時刻はお昼。まずは沖縄気分を味わおうと「那覇亭」へGO。

那覇そば

那覇そばってどんな味?全く予備知識もなく、普通のそばを想像していたのですが実際は全く違いました。麺はそばというよりウドンに近い太めの麺。具は本ソーキ(骨付きあばら肉)、三枚肉、軟骨ソーキ (軟骨付きあばら肉)と3種の豚肉がどど~んと乗っています。まずはこの肉から制覇しようと頑張って平らげると、こてこてのお肉でかなりお腹は満足し、完食とは至りませんでした・・・残念ながら豚肉そんなに好きじゃないのだなぁ。麺も細めが好きなのです。だんなさんはこれにイナリずし2ケ。脂っぽいなぁと少し辟易しつつも完食。

ここからは食事はほぼホテル内で済ませました。周りは写真を撮るような雰囲気でなく、だんなさんもあまり食事の写メ撮りが好きでないので、残念ながら写真がありません。参考にならず申し訳なし。

「喜瀬別邸」内には3つのレストラン、「ちゅらぬうじ」、「鉄板焼」、「宿泊者専用ダイニング」があります。

喜瀬別邸がご提供する食のコンセプト、それは「琉球食文化の伝承と革新」です。
沖縄の食文化の本質をとらえつつ、枠にとらわれない現代感覚で島独特の食材の個性を引き出した「新しい沖縄の味」こそが、今、違いの分かるお客さまに求められています。
このため喜瀬別邸では、日本におけるイタリア料理の第一人者である東京・銀座「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」オーナーシェフの落合務氏を料理顧問に迎え、メインダイニングのみならず邸内の飲食全てにおいて「喜瀬別邸ならでは」のオリジナルな沖縄の美味をご提供してまいります。

(別邸HPより)

「日本で1番予約の取りづらい店」(本当?)と言われる「ラ・ベットラ」の落合シェフの肝煎りかぁ。「ラ・ベットラ」、もちろん私は未体験で、今後も訪れる予定はなさそうです。こんなところで落合シェフの味が試せるのは嬉しいことです。「コース無理かも~」ということで残念ながら、夕食は全部、ルームサービスかアラカルトにしました。いつも思うのですが、プリフィックスでなくて、値段一緒でいいから、半分のポーションで、食材の質をアップしたコースって頼めないものかしらん。これからは高齢化の時代でしょ。それか、部屋で4時間くらいかけながら、休憩を挟みつつだらだらとコースを食べられたらなぁと思うのです。

まあ、それはそれとして、お味は最高でした。でも、1番気にいったのは和食。海ぶどうのサラダはお代わりしたかったくらいで、もちろん海ぶどうお土産に買い込みました。近海の魚のお造り盛り合わせや煮付けにマース煮(マース煮とは料理方法の名前で、「マース」は沖縄の方言で「塩」の意)。泡盛と合う合う。最初はお湯割りなど飲んでいましたが、段々と40度をロックで。魚とお酒はするすると喉を通るのですわ、なぜか。

朝食のバイキングも和食が冴えています。もずく馬鹿食い。玄米がゆと白ご飯+お漬物たちでお代わり3杯いきました!日本人だわ。残念なのは和食/洋食ともにメニューに変化がないことです。連泊のお客のためにもメインどころはバリエーションをつけてほしいなぁ。

次回があるとすれば、絶対体調を整えてもっと食べ尽くしたい、そこのところが心残りです。泡盛飲み足りないっす(あ、やっぱそこ)。

次は旅レポ最終回です。やっと終わりです。もう少しだけお付き合いを→

【2010/09/24 10:21 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<沖縄「喜瀬別邸」の旅(V)-おまけ | ホーム | 沖縄「喜瀬別邸」の旅(III)-これは外せぬスパの巻>>
コメント

海ブドウ。魚卵好きのご嗜好うかがえます。
格は違いますが、梅田の居酒屋OKINAWAで海ブドウ(大)と泡盛飲み放題してたころが懐かしい。
【2010/09/24 16:26】| URL | りょう #-[ 編集] |

魚好きですね~やっぱり。魚卵大好きです。

OKINAWAだったかなぁ?梅田の駅前ビルのどこかに美味しい沖縄料理屋があります。泡盛は悪酔いしないのでいいですよね。また行きたくなってきました。
【2010/09/24 23:59】| URL | りょうさま #-[ 編集] |
そうでもないですよ。
日本で1番予約の取りづらい店」(本当?)と言われる「ラ・ベットラ」
>>>平日の21時の部は1ケ月前で予約が取れました。
【2010/09/29 15:08】| URL | カズ #-[ 編集] |
そうでしたか
以前は3か月前と言われてましたよね。
1か月前でも私にとっては先過ぎ~と思いますが。
で、お味はいかがでしたか?
【2010/09/30 09:39】| URL | カズさま #-[ 編集] |

行ったのは銀座店です。パスタのバリエーションが多かったですね。また、隣のテーブルとの間隔が狭く、ちょっと雑然とした感じがします。どうでしょうか、全体的には、やや濃いというか重たかったように記憶しています。ただ、私が選んだものがそうだっただけかもしれません。女性グループ向けと言う印象です。
【2010/09/30 12:53】| URL | カズ #-[ 編集] |

再コメントありがとうございます。

隣りテーブルと近いのは気になるところですね。
機会があれば行ってみたいと思います。
【2010/10/01 08:27】| URL | カズさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/545-51b65271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。