スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
可愛いのはどっち?
「自宅がスタジオ」シリーズはゆっくりと更新。内容を忘れてしまったものは見直しを兼ねて。


さて、夏は嫌なことばかりではなく、楽しいこともいろいろ(でも少ない)。花火もそうだし、ビールもそう。何となく開放的な気分になれることもそう。嫌だ嫌だと思ってばかりでは1年の4分の1という長い期間をつまらない気分で過ごしてしまう。四季のある日本に生まれたことがもったいない。

で、もう1つ。夏のお楽しみはホラーでしょ。どうして怪談は夏が定番なのか、外国でもお化けは夏が多いのか、ヒヤっとしたい思いが高じた末のことか。疑問は数々あれど、洗脳されてしまったのか、ホラーや怪談話は夏に見、読み、聞くのが一番楽しい。

WOWOWでも恒例の夏サスペンス特集が始まった。本来は1週間ぶち抜きくらいで名作ホラーをやってほしいと思うのだが今年は少し小粒。でも観たことがない映画も何本かやってくれたので撮りためておいて夜の娯楽としている。

私とだんなさん、共通の趣味と言えるものはほとんどない。強いて言えば、スポーツ観戦とリゾート地でのぐだぐだ昼寝とスパ。そもそも彼は読書なんてしないし、映画もほとんど観ない。ラブストーリーはつまらないと寝てしまうだろうし、文芸作品はテーマが見抜けないだろう。決して馬鹿ではないはずなのだが(笑)、暗喩や様々な伏線に気づかないのだ。よって、一緒に観るのは「ダイハード」のような単純アクション物もしくは「ラストエンペラー」のような半ドキュメンタリー歴史物となってしまう。そして、なぜかホラーはお付き合いしてくれるのだ。アクションとホラーってある意味似ているもの。

でも、男の人にありがちでスプラッターは苦手。「SAW1」を見せて以来、SAWシリーズは一緒に観てくれない。「CUBE」や「es」のような不条理実験物も退屈らしい。

「SAW」っぽいのかなぁと期待して、先日WOWOWで観たのがこの「実験室」。上記の理由で一人で観た。これは本当にあった出来事を下地にしているらしいが、設定は悪くないものの、時間を経るごとにグダグダになってしまい、なんとオチがない。がっかりである。




実にバカバカしい内容だけど、結構はまって一緒に楽しんだのがまさにB級ホラーの「DECENT」。ありそうでなさそうで、気持ち悪くて面白い。



そして、今週末観ようと思っているのが楳図かずお大先生の「おろち」と「赤んぼ少女」である。はたして実写化が可能なのか!

 

映画化に合わせてフィギュアまでできている。タマミ怖い・・・
おろち
(おろちとタマミちゃん)
まことちゃん
(まことちゃんとタマミちゃん)

小学校のとき、友人宅で楳図かずおの漫画をむさぼり読んだ記憶が蘇る。我が家は母親と姉も心霊/ホラー好きの一家なのだ。KYOKO可愛くない!(笑)という声が飛んでくると思う、しかし実は私、二次元は平気なのだが三次元はまるで駄目。お化け屋敷はお金だけ払って入口でUターンした小学校の時が最後。ジェットコースターはディズニーランドのビッグサンダーマウンテンで腰を抜かしそうになったのが最後。だって、二次元は紙面や画面から飛び出してこないじゃん。

「ホラーいや~(涙)」と可愛げなことをいう女が、ナガシマスパーランドのホワイトサイクロンが大好物だったりする。さて本当はどっちが度胸ある?


【2010/08/27 09:24 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「自宅がスタジオに」-「ヨガ/ピラティス」編 | ホーム | 自宅がスタジオに-「ストレッチ」編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/528-f1397d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。