スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
瀬戸内海あたりで
当たり前の話だが、歳をとる毎に今まで全く考えもしていなかったことがふと身近に思えてしまうことがある。(おそらく)人生の半分を過ぎてしまった今は、登山ならば下りに入ったはずだ。物事はすべからくそのようなものだが、ときに登る(進む)よりも降りる(退却する)方が困難であったり、危険であったりする。でも、ゼイゼイ息を切らし登っていたときよりは、自分の中で楽な歩き方を覚え、先も何となく予想が着いているので気分的に楽だとも言える。周りの景色を見渡す余裕も自分なりにできてきた気がする。さて、下りきった後はどうなるのか。

少し前にだんなさんの実家に帰省した。義理の父は公務員のバリバリの自民党員。義理の母は生涯専業主婦。二人の息子は国立大理系卒。何だか曖昧なところのない(笑)Theコンサバティブな一家である。私の実家とは真反対と言っていい。私とはあまりに相容れないところがかえってよかったのか、適当な距離感の良い関係を今のところ保っている。価値観がどうあれ、悪意のない真っ直ぐで善良な尊敬すべき方々である。

帰省の席で、義父が、墓を新築?したらしく

「KYOKOさんもこの墓に入ればいいからな」というようなことをおっしゃった。

私も一応いい大人なので

「えへへ」と笑ってその場を過ごした。

でも、後になってはたと考えてみた。義理の実家の墓。本当に親しく思えるのはだんなさんくらいだ。私は子供がいないので、私のために墓参りに来てくれる人間の想像がつかない。しいて言えば可愛がっている姪くらいだろうが、わざわざここまではやってこまい。もう完全なるアウェイの世界である。そこで永遠に過ごすなんて淋しすぎやしないか、魂が生き残るとすれば。祖先を残していないゆえ、申し訳なくてご先祖様と奉られるわけにもいかない。

先日亡くなったばかりのつかこうへい氏は遺書の中で、

「娘に日本と韓国の間、対馬海峡あたりで散骨してもらおうと思っています」と書き残した。

私もできれば、青春時代を過ごした実家の海辺りにばらまいてほしいと思っている。それが無理なら、両親や姉妹や懐かしい親戚たちのいる墓に。アウェイならぬホームに。

最近は少子化傾向とも相まって、墓を維持するのがお寺さんともども大変で永代供養にする人が激増しているという。私自身は何となく生まれ変わりを信じているので、身体はこの世での単なる容器にすぎず、適当に放置されても気にならないかなと思っている。私が死ぬ頃には、順番からいけば義父も義母ももうとっくにいないだろう。罰あたりな考えだろうか。

だんなさんはわざと、

「KYOちゃんはちゃんと○○家の墓に入れてあげるからね」と言って私をいじる。多分先に死ぬのは私のような気がしているので、あとは彼に委ねるしかないかも。

そんなことを人生の後半期に入って思わされた次第である。実際に60代ともなると一気に話が現実化しそうだ。




【2010/07/14 09:06 】 | つれづれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<シンクロナイズドキャット | ホーム | 「告白」-前評判は程々が良>>
コメント

私自身は生まれ変わりを信じていないし
死んでしまえば「無」に省えるから供養してほしいとは思ってないんだけど、
親世代はやはり考えてるようで、
特に母親はほとんど無宗教状態なのに「こんな仏壇はイヤだ」とか
「こんなに交通の便が悪い墓じゃ誰も墓参りに来てくれないからイヤだ」などと言っている。
父親は墓を準備するのを極端に嫌がっており、
順番からいくとおそらく自分の永住の地になろう場所を自ら選ぶ気はないみたい。
私もどこかに散骨して欲しいなー。
しかし先ずはこの意思を託すためにはパートナーを捜さなくては(爆)
【2010/07/14 11:52】| URL | みにゃたろう #-[ 編集] |

つい数ヶ月ほど前に義母の再婚相手の父親(ややこしくてすみません)が亡くなったのですが葬式も一切ナシで、なんと散骨希望でした。

90歳も過ぎたアメリカ人が散骨希望だったなんて珍しい気がしました。日本が目の敵だった世代と思うのに親切にして頂いて、色んな意味でオープンマインドな方だったのかなと。

私はこのままアメリカに骨をうずめるのかなぁ・・・それも寂しい。
【2010/07/14 14:41】| URL | mg #-[ 編集] |

同じく子無し夫婦の私としては今日の意見に激しく同意。

現在、義父母が新しく作った墓に義母一人が眠ってる。
ゆくゆくはそこに私たち夫婦も入って、
義父母達と4人で一緒、でもってそれ以降だれも入らないし墓参りも来ない。。

イヤヤ、イヤヤ、絶対に一緒には入りたくない
(諸事情により)
それなら旦那さんと二人でいいわ。

いや、同じ海に散骨でいいわ。

たぶん私が最後になるだろうから色んな方法を
密かに模索中。。。

あ、猫フォト、バンバン使っちゃってくださいね。

【2010/07/14 18:37】| URL | ひさみん #-[ 編集] |

★みにゃさま
生まれ変わり=輪廻転生を信じる私だけど、「無」っていうのもすがすがしくていいわねぇ。
お墓は残す人にとって結構負担だからな。あの山奥に入れられるのかしら・・・
パートナーを探しても相手が先に死んだらますますこの問題は厄介に(笑)。

★mgさま
mgさんの場合、海を越えちゃうところがさらに淋しい気もしますが、家族もいるし親戚も多そうなので楽しいかも。アメリカでも散骨希望者っているものなのですね。

★ひさみんさま
同じ境遇故、悩ましいですわ。
やっぱ「遺書」を書くべき?!

猫フォト、近く発表を!
【2010/07/15 08:12】| URL | みなみなさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/507-e93ded95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。