スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
あるホワイトデーのひとこま
ちょっと書く時期を逸したが、ホワイトデーの翌日「昨日はごめん!」とだんなさん赤ワイン片手に帰ってきた。すっかり忘れてたよ、とボルドー差し出す。クッキーなんかより数段嬉しい。スイーツにさほど執着がないのだ。

「遅いよ」と言ったはいいが、ふと思い出した。私はチョコレートをあげたのだろうか。こんなときこそ備忘録でもあるこのブログが役立つ。

「昨日はバレンタインデーだったので、おごるよ~と声をかけてあげたのですが、朝からモーグル見続けてランチを逃し、夜はサッカーの韓国戦があるから出かけたくないと言われ、結局おごり損ねました(笑)。とりあえず、ものすごく珍しく二人と1匹でお散歩し、少しばかりバレンタインモード」。

これは2月15日のブログの一節だ。どう読んでもバレンタインらしきことをした気配がない。そう言えばオリンピックにはまっていてチョコレートを買いに行くのが面倒になって食事で済ませようと思ったはずだったのだ。何だか知らないがエビで鯛、わらしべでお屋敷どころか、無から有が生まれたわけだ。

記念日男である彼はこういうところは結構優しい。自分のことは無頓着だが、イベント時には割とこっちに気を遣ってくれる。確かに優しいって言えば優しいのだろう。特に外面がよく、物腰がやわらかげなので、私の実家などでは至って評判が良い。文句を言ったら罰が当たる。しかし、その実、ご承知の方はご承知だろうが、彼は自分の考えや行動を人には邪魔されたくない我が道を行く頑固一徹な奴なのだ(会社ではどうなのだろう?)。

僕って奥さんのことを大事にしているよな~、優しいよな~というアピールをしては見せるのだが、よく考えてみると家庭では結構私のことは放置気味で、自分のやりたいことはほとんど譲っていない。

のんびりと食後にTV鑑賞中、コーヒーを飲みたいとする。

1.「コーヒー」とだけ→駄目だろ。 コーヒーとはコーヒーノキの種子を焙煎し挽いた粉末から湯または水で成分を抽出した飲料のことだと答える。
2.「コーヒー入れて」→今、ドラマのいいとこなのに。自分で入れていただけませんか。
3.「コーヒー入れてもらえないかなぁ」→ちゃんとお願いするなら入れてあげないこともない。
4.ちゃっちゃっと立って自分で入れる→花丸だ。

だんなさんはどのタイプでもない。そういう時は多分こう言う。
「KYOちゃん、コーヒー飲みたくない?」

「別に・・・」

「いや、コーヒー飲みたくないかな?と思って。食後はコーヒーでも飲みながらリラックスした方がいいよ。また頭痛くなるよ」
となぜか、私がコーヒーを飲まなくてはならないように仕向けるのだ。

「あ、ついでに僕の分もね」
といつの間にか私が二人分のコーヒーを入れる羽目になる。

「耳掻き取って」→「耳掻きってどこにあるのかな?」もこれと同種のパターンである。間にワンクッションあるのだが、結局は指示命令なのである。これって割とイラっとする。

外食も旅行もよくよく考えれば、私の希望最優先と言いつつ何だか彼の希望が通っている。まあ深く考えまい。ボルドーに免じて、今日のところは愛妻家ということにしておこう。



【2010/03/17 10:20 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<東京イタリアンとな--「リストランテ・ヒロOSAKA」の巻 | ホーム | 「ヘルスアンドビューティ」講演会(II)-アンチエイジングとは何ぞや>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/449-797ba4ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。