スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
東京散歩(III)-ホコ天堪能(銀座編)
丸の内から再び銀座へ。とりあえず行き先決めず、ぶらぶらと歩き続ける。これぞ銀ブラ。

ご存知の通り、普通の観光客もいるけれど、銀座は格差社会の上辺の人々が集う街だ。そういった人々に共通するように、見かけは派手派手しさがあまりなく一見した限り地味。でもよ~く見るとその上質ぶりがうかがえる身なり(特に年配のカップルやご婦人&紳士方)だ。だから、カルティエ、シャネル、アルマーニ、ショーメ、ブルガリ、グッチ、ティファニーetcetc、老舗の高級ブランドが立ち並ぶのも当然か。そういった高級品を身にまとって自然なのは本来大人なのだ。こうしたショップが大人の街、銀座に集まるのは、世界的に見れば普通のことなのかもしれない。

ドアマンに開けてもらうのが面倒くさく、大阪でも目的のない限り、あんまりこの手の店には入らない。今回も特に興味がなかったので、ボッテガを覗いたくらいだ。その代わりに、時代を反映して次々と現れたファストファッションの店を訪れた。銀座の使い方としてはちょっと誤り(笑)。

「アバクロンビー&フィッチ」、「H&M」、「ZARA」、「ユニクロ」などをとりあえずざざっと流す。中でも1番興味があったのがアバクロだ。ドアマンならぬドアモデル、ストアモデルとはどんな人々なのだ?ところがアバクロ、ブームのピークは去ったかと思ったら、いまだに長い行列。前を通ると中から大音響と歓声(?)らしきものが聞こえてくる。件のドアモデルはアジア系であった。顔は私より小さそうなのに背は180cm超。いいかげん疲れたのか、

「前に詰めてくださ~い」とやる気なさそうにテンション低め。駄目じゃん。

中のモデルは気になるけど(え?服じゃなくて?)行列に並ぶ気にもならず、すかすかのH&Mに入った。だが、セールがとうに始まっていたせいか、あまり品揃えがない。だけどやっぱり安い!500円のニット帽、2900円のドレス、1500円のシルクスカート等々、今季で使いつぶすつもりで買っておこうか。

ファッションは置いておいて、次に向かったのがお目当てのソニープラザ。ちょうど今、イベントスペースでは、沖縄美ら海水族館・旭山動物園のハイビジョン・3D映像3作品が一挙上映されている。目の前に迫りくる魚や動物が200インチ大画面、フルハイビジョン画質、5.1chサラウンドで約30分間楽しめる。入場無料だ。子供が多いけど気にせず参加。ソニーのショールームも見ているだけで楽しい。外人さんが多いなぁ。

そして、もう1つのお目当てが「鳩居堂」。(京都にもあるよ)

鳩居堂(きゅうきょどう)は、和文具・香の老舗である。熊谷直実20代目の子孫を称する熊谷直心が1663年(寛文3年)に薬種商として創業。のち、中国からの輸入文房具も取り扱うようになる。屋号は儒学者・室鳩巣の命名。
(by Wikipedia)


お香もよいが、ここの封筒や便箋、和紙工芸品が素晴らしいのだ。日頃手紙なんか書かない私でも、つい文をしたためたくなる。布と同様、美しい和紙もいくら眺めていても飽きない。そう言えば子供の頃、便箋と鉛筆を友達と箱一杯集めたものだ。今ならメールで済ませるところをちゃんとお手紙にしていたのだ。和紙で出来た置き型のカレンダーもお土産を含め何個か購入した。

キュウキョドウ
これは「猫」のカレンダー。猫ブログ友のY嬢とお揃いで購入。

銀座には画廊も多い。外からいろいろと覗く。銀座松阪屋では「ねんりんや」のバームクーヘンに並ぶ。なんだかんだしているうちに2時過ぎだ。慌てて荷物を置きにホテルに戻る。というのも3時から上記Y嬢と三越で待ち合わせなのだ。親切にも昨日私がふられたY嬢が「土曜日なら空いてるよ」と誘ってくださったのだ。

ブログでは長々と知っているYさまも会うのは初めて。緊張が走る。紫のダウンを着ている私に三越前でYさんが声を掛けてきた。おお、なんとあのゴクミに似たエキゾチックな美女ではないか。銀座で綺麗なお姉さんとお茶。出来すぎの感。折角なので、パリイちゃんお勧めの「ラデュレ」でマカロンを味わおうと思ったが、土曜の午後にて大行列のため断念。あのピエールエルメも実はラデュレで修業を積んだそうな。マカロン食べたかった・・・

「イケメンいるらしいよ~」というY嬢の言葉にそそのかされ(笑)、「グッチカフェ」へと向かう。最近はレストランやカフェをショップに併設するラグジュアリーブランドが増えているらしい。商売上手。1階の金髪碧眼店員はモデルのような美形。わくわくしつつカフェに登ると、出てきたお兄さん、ん?微妙・・・。しかし、標準語で話す痩身長身のイケメン風ウェイターにかしづかれ注文するのは悪くない気分。店内も開放的で雰囲気は満点だ。季節のタルトとマキアートで2400円、イケメンと雰囲気を味わいたい方は是非。

だんなさんが5時にホテルに帰るというので3時から5時前までY嬢と歓談。これだけでもTOKYOに来た甲斐があったかも。

うわ、長くなってきた。少々疲れたので、銀座編、続きは次回に。意外な展開となります。



【2010/01/20 09:33 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<東京散歩(IV)-さようならTOKYO(おまけ編) | ホーム | 東京散歩(II)-お江戸今昔物語(丸の内編)>>
コメント

お会いできてうれしかったです♪カレンダーも早速使ってます。ありがとう!

Gucci Gafe、イケメンかどうかは微妙だったけど、アイコンタクトとスマイルは良かったね~。ただ、たかがお茶でコスパ非常に悪くて失礼致しました・・・。今度は別の路線で行きましょう。仕事も暇だし、自分でイケメンカフェかイケメンワインバー開店しようかしら?!

実のところは、整形前のジャネット・ジャクソンと言わたことのあるY嬢でした。母は鼻の低いジョイナーと言われてました(笑)
【2010/01/20 13:08】| URL | yukabell #G5/m9sr2[ 編集] |
楽しかったです
銀座まで呼びつけてごめんなさい。しかも、お茶して放りだすような真似を・・・
これにこりず、再訪の際は遊んでやってください。グッチカフェ、コスパ悪くない気もします。たまにはね。

ジャネットの整形前の顔ってどうだったのでしょう。整形後(?)とはあまり似ていないと思いますが(笑)。

ではでは!
【2010/01/20 19:44】| URL | yukabellさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/424-4d93ffc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。