スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
★が生まれる場所
先日、関西ミシュランが発売されました。kazuさまが大阪のお店をリストアップしてくださったのでそのまま転載させていただきます。詳しくは本家ミシュランをご購入のこと。

★★★(1店)
ハジメ

★★(12店)
アキュイール、花祥、西富家(旅館) 柏屋、カハラ、弧柳、鮨 原正、太庵、斗々屋、フジヤ 1935、まつもと、本湖月、もめん、ルポンドシエル

★(52店)
味吉兆大丸心斎橋、味吉兆堀江、一汁二菜うえの豊中、一汁二菜うえの箕面、一宝本店、伊万邑、梅市、エテルニテ、懐食清水、花外楼、かが万、カランドリエ、き川、き川浅井、吉兆高麗橋本店、牛寶、錦水、故宮、このは、コンヴィヴィアリテ、さか本、作一本店、桜会、桜会とよなか、芝苑、香桃、旬彩天つちや、新太呂、鮨尽誠、寿し処黒杉、鮨処さか卯、寿し芳、天繁、松、ながほり、なにわ翁、ひらいし、ふくのや、藤久、ふじ久、本多、桝田、まつもと永楽、まつもと堂島、まる作、万ん卯、万ん卯別館、よし光、ラ・ベ、リュミエール、六覺燈、蘆月、一宝本店、カランドリエ


私はよく覚えてないのだけれど、この中で訪れた記憶があるのは
味吉兆大丸心斎橋、まつもと、一汁二菜うえの箕面、ルポンドシエル、カランドリエ、故宮、一宝本店、ラ・ベ・・・
くらいでしょうか。グルメ友はミシュラン★3つを予測して、とうにハジメを攻めておりました。流石。ですが、私も今年の誕生日、実はだんなさんに「まつもと」に連れて行ってもらっており、先見の明ありということにしておきましょう。

しかし、正直言うと、東京、京都、大阪に限らず、ミシュランなるものにはあまり興味がありません(連れて行ってもらうのにやぶさかではありませんが!!)。私自身おいしいものは好きだけれど、グルメというには程遠く、舌にもさほど自信がありません。それはだんなさんも同じことで、何が食べに行きたい?と聞くと大抵が
「ステーキ!焼肉!」
今日何が食べたい?と聞くと
「ハンバーグ♪ぶりの照り焼き♪ハヤシライス♪」という、子供のころからあまり進化していない舌を持つ人です。白米と美味しい漬物か海苔でも出しておけば満足する非常にやりやすい人であります。

上記の「まつもと」に行った際も、贅沢で凝った懐石を前に、
「ふ~ん・・・複雑な味だな・・・」とばかり言っておりました。豚に真珠。上記のハジメにいち早くいっていた友はソムリエでもあり、微妙なワインの違いやチーズの味をかぎ分けます。絶対音感というものがあるように、グルメな人間には絶対味覚というものがある気がします(私は白ならシャブリ、赤ならローヌと言ってはいるものの、多分数十万円のワインを飲まされてもその価値が分かるかどうか自信がありません)。

でも、海生まれの海育ち。釣り上げた魚を母親がかっさばいて毎日のように刺身を食し、小魚をおやつのようにバリバリと食べていた身としては、魚だけは少々うるさく、かといって凝ったソースや何かというよりも新鮮なネタをそのまま生かした魚料理が大好きです。

★の付くお店も、器も含めて目に楽しく、贅沢な気分に酔いしれるのには最適ですが、美味しいものって何だろうと考えたとき、やはり故郷のおふくろの味が浮かんでくるのはなぜでしょう。それを気のおけない家族や友人とつまんでいるとき、そこに★が生まれるのかもしれません。

平民、味音痴、料理ベタのKYOKOの負け惜しみだとお聞き流しくださいませ。


【2009/10/28 10:06 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<「だまし絵展」-不思議の国のアリス | ホーム | マダムとマドモアゼル>>
コメント
よく似ています。
ハンバーグ♪ぶりの照り焼き♪カレーライスです(笑)。いろんな店へ行ってるつもりですが、私も味音痴で、高級店はいくだけ無駄だと思っています。
【2009/10/28 16:58】| URL | かず #-[ 編集] |

男性の嗜好はやっぱり似ていますか。

カズさま、東西の名店かなり制覇していそうだけれど、それでも無駄と思っているのですね(笑)。今後も「道」シリーズ楽しみにしています。
【2009/10/29 09:36】| URL | かずさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/389-e25eaed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。