スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
マダムとマドモアゼル
今日の大阪は久しぶりのになりそう。レインブーツをおろして少しテンションを上げよう。

昨日エレベータに乗ると、途中から5歳くらいの男の子を連れた祖父らしき男性が乗ってきた。挨拶すると、駅に「らいちょう」が停まっていると聞き、男の子と見に行くのだという。

「『雷鳥』かぁ。おばちゃんも駅に行くから見ようかな」と男の子に声をかけた。

マンションのエントランスで手を振ると、
「ほら、おばち・・・・いや、いや、おねえちゃんに『さようなら』と言いなさい(汗)」と男性。
男の子、混乱したのか固まっている。

「いえ、おばちゃんで!」と私も何だか慌てて訂正する(笑)。

名前も分からず、「すみません」だの「あの・・・」だのの適当な言葉で濁せないケース。これが場所がスーパーだったりすると「奥さん」でいけそうなのだが。

私自身は紛れもないおばちゃんなので、おばちゃんと呼ばれることに何の抵抗もないのだけれど、相手に変に気を遣わせるシチュエーションはどうも苦手だ。ちなみに姪っ子たちは小さい頃から一緒に育ったので私のことを「叔母ちゃん」ではなく「KYOKOちゃん」と呼ぶ。

大阪の年配のおばちゃんやおっちゃんは割と、私くらいの年代の女性も「(お)ねえちゃんorおねえさん」と呼んだりする。夜の世界のおねえちゃんとは少しニュアンスが違う。芸人が先輩の女性芸人を「ねえさん」と呼んだりするが、それも関西特有なのだろうか。

失礼でもなく、少々こじゃれた女性を呼ぶ言葉はなかろうか。マダームなどと呼ばれてみたいがここはフランスではない。「奥様」などはこそばゆい。「お嬢さん」はみのもんた。

あの後、男の子はおじいちゃんに
「あの女のひと、おばちゃんだったやん?」と聞いたかも。ボクよ。そうやって、男性は女性の扱いを学んでいくのである。



【2009/10/26 09:52 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<★が生まれる場所 | ホーム | 愛なのか金なのか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/388-fa6d434c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。