スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
1年ぶりの・・・
8月20日のブログでお知らせしたとおり、舞台「コーラスライン」を観に行って参りました。阪神淡路大震災から10年の節目の年に文化復興のシンボルとしてオープンした兵庫県立芸術文化センターは、まだ新しい素晴らしい劇場です。マチネとあって、おば様方(笑)であふれかえり満杯。

コーラスライン2

伝説のミュージカル「コーラスライン」16年ぶりの再演を機に、8ヶ月におよぶ苛酷なオーディションを勝ち抜いていくダンサーたちの姿を追ったドキュメント「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」をつい最近観たばかりで、その印象が強いせいか、日本公演のメンバーは少しばかり物足りないものがあります。日本人でコニーの座を射止めた高良結香さんは「RENT」に出演され、残念ながら出ていません。軸となるキャシー(太り過ぎ!)とポール役の俳優も今一つの感が否めません(辛口)。アメリカの本メンバーで観たかったです。でも、シーラと、それに何といってもザック役のマイケル・グルーバーがいい♪彼はオリジナル版のコーラスラインでマイク役を務め、リバイバル版ではザック役です。

訳あって今回は最前列を取りまして、舞台が近すぎたせいか横に出るセリフを読み取れず、つたないヒアリングで楽しみました。でも映画はさておき舞台は字幕を読みながら観るのは興がそがれます。頑張ってヒアリングももう少し勉強せねばね(それでも本当に翻訳者?)。

もろもろの不満点はあるものの、やっぱり「コーラスライン」は素敵です。最初と最後の群舞ではゾワゾワと鳥肌が立ちます。大感動です。実は(多分)パニック障害を2年前に発症してから観劇は2度目。しかも1度目のトライでは脂汗と動悸に苦しみ見通すことができませんでした。暗くて閉鎖的な劇場内は、広場恐怖の対象そのものです。その後、ちびちびと映画館などで練習を重ね、やっと今回2度目のトライを無事果たすことができました。いざとなったら、出ればいいと他の観客の迷惑になりにくいサイド最前列を取ったのはそのせいでもあります。フィナーレ時の感動はその感動が大きく加わっています。後は飛行機かね~。

「体調悪くなったらどうしよう・・・だんなさんは海外出張中だし・・・」。
チケットはとうにとってあるくせに相変わらずいじいじ悩んでいたヘタレな私の後押しをしてくれたのがAちゃん。今回ダー出張中だからと、Aちゃん御母堂とAちゃんが会員制ホテルを予約して京都旅行に誘ってくれました。結局はお母様の体調のためキャンセルになったのですが、とても嬉しかったし、勇気をもらったのです(KYOKOまた大げさだ)。

実はAちゃんの御母上は末期癌の宣告を受け(でも、グレードやステージは気にしない方がいい。個人差あるし、世界はミラクルに満ちている)、それでも毎日をアクティブ&ポジティブに暮らしておられます。ビービー泣くAちゃんを逆に
「腹筋を入れなさい!まっすぐ歩きなさい!」
と叱咤する御母上のような方は憧れの女性です。

ああ、私も腹筋に力を入れて、くだらないことで凹まずに少しは肝の据わった女にならなくては。10月の「SHICAGO」日本公演、東京まで観にいきたいなぁ。

【2009/09/04 09:26 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<わ れ わ れ は う ち ゅ う じ ん だ | ホーム | KYOKO内革命(II)>>
コメント
シカゴ
昨年、ロンドンで観て来ましたよ。
ぜひ、お江戸まで観に行ってください。
それくらいの価値あり~のです。
【2009/09/04 22:46】| URL | パリー #9xsPF1TE[ 編集] |

ロンドンで観たのか~、うらやましい。

日本公演のキャストは本公演のキャストとほぼ同じと聞いたので、その気になってきました。なんで近畿は来ないの~。大隅賢哉くんも抜擢されてますね。

ただチケが手に入るかどうか。
【2009/09/05 09:01】| URL | ぱりぃさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/361-5f49e242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。