スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「TRIP OF LOVE」-アジア初のトライアウト
週末は招待券を頂き、友人を誘ってシアターBRAVAで「TRIP OF LOVE」を観劇。

本公演前のトライアウト公演です。ちなみにトライアウト公演とは、ニューヨーク・ブロードウェイで上演する前に、観客の反応を見るために行う「地方公演」のこと。その反応を見ながら最終段階の手直しをし、開幕前の製作過程を見られます。

大阪(アジア)初のトライアウト公演が実現されたのは、プロデューサの出口最一氏が奈良出身だと言うのもその理由の1つかも。彼は、ブロードウェイでロングラン中のあの「ブルーマングループ」のプロデューサーでもあります。

さて、この「TRIP OF LOVE」の内容はというと、全編英語ですが、60’sの名曲ばかりを集めた歌のみで進行します。本場ブロードウェイの一流ダンサーと、日本人ダンサーとのコラボ。日本人では久しぶりに鳥居かおりさんを拝見し、40を過ぎたであろう彼女のダンスと美貌に感心いたしました。約250着ものオリジナルコスチュームは、トミー賞デザイナー、グレッグ・バーンズが手がけます。確かに60’sらしいサイケなコスチュームの連続。そして、見どころ(聴きどころ)は、オーケストラ・バンドによるライブ演奏です。幕が下りた後、最前列に行ってバンドメンバーに手を振ってきました(笑)。誘ったRちゃんはバンドウーマンなので興味津々。

ちょっとここからは辛口。さて、これがブロードウェイで大ヒットするかどうかは極めて微妙。米人にとってはさほど脈略のない筋立てでも、懐かしの懐メロ歌謡ショーのようにノリノリになれるのか。時間も2時間弱というミュージカルにしては物足りない時間で、あっという間にエンディング。これからダンスも歌もどんどん入れ替えて完成させていくにしても、10000円というチケ代を投じるには今ひとつと言えるかもしれません。これならヅカの方がエンタメとしては上だよ~。「WE WILL ROCK YOU」がもう一回見たいよ~。本当にこれでブロードウェイに持っていくのか、そしてブロードウェイで何回くらい公演されるのかが目下の注目です(笑)。

それでも、久しぶりの生の舞台はやっぱり楽しかったです。次回は何にしよ。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/14 09:18 】 | 映画・お芝居・TV |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。