スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
猫肌恋しい日
ミタがいなくなって1ヶ月以上が過ぎた。日頃は淋しいと意識することも減った。時折念入りに掃除すると、いまだにふわっとミタの毛の塊が現れる。さすがにヒゲを見つけることはなくなったが。

あれ以来、猫を引き取ってはくれないか、という依頼を何度かいただいた。成猫ともなるとなかなか引き取り手は現れるまい。行き場を失いかけた猫のことを思うと心は痛むが、今のところどうもその気になれない。たぶんだんなさんも同じような気持でいる気がする。声をかけて下さる人は、もちろん自分や知人が困っているのだと思うし、私の気持を引き立てようと好意で言ってくれているのだと想像する。

シティペーパーのような小さな新聞、通りかかるペットショップ、様々なNPOやボランティア団体のHP--飼い主を求めてじっと待っているであろう猫の姿を見ると、たまに衝動的に手を差し伸べたくなる。何万匹?何十万匹?の中のほんの1匹でも、愛情を一身に注がれ、安全に平和に長生きできる猫を作り出すのも少しは功徳になるんじゃないかとも思う。

「猫が心に開けた穴は猫でしか塞ぐことができない」という言葉を聞く。それも確かに至言だろう。

ただ、私は猫好きを自認していたけれども(いや本当に犬よりも圧倒的に猫好きなんだけれども)、やたらめったら猫が好きな訳ではないのかもしれない。「赤ちゃんが大好きなの~」という女性は多いが、本当にどんな赤ちゃんでも可愛くてたまらないのだろうか。

愛らしい子猫は写真で見るだけでもキュンとなる。世の中にこんなに可愛い生き物が存在するのだろうかと心が温かくなる。でも、やっぱり違うのだ。駄目なのだ。私が欲しいのはミタであって、どんなに愛らしい、人懐っこい、性格の良い、高級な猫であっても、それはミタではないのだ。

もちろん飼っているうちに情が湧き、何物にも代えがたい存在になるのだろうということは分かっているが、そういう意味では私は無類の猫好きではない。誤解を恐れず言えば、猫のいない生活も十分平気で、快適さや自由も一面で謳歌している。

その一方で、ある日、ふっと段ボール箱に入ったミタを見つけたように、運命の出会いがあるんじゃないかとも思っている。一瞬にしてビビビと心に何かが触れる出会いがあるんじゃないかと。本屋で偶然に手を伸ばした先に相手の手もあったというような(そんなベタな出会いが漫画の世界以外にあるのか)。そういう機会が訪れれば訪れるでいいし、訪れなければ訪れないでいい。

パートナーを亡くした、彼氏と別れた、そんな人々も、人肌恋しく淋しさを紛らわすために誰でもそばにいてほしいというわけではなかろう。自分には神様が決めた自分の相手、魂のパートナーがきっと用意されている。それは動物でも人間でも。40を過ぎても、そんなロマンチックなことを想うKYOKOなのだ。

【2009/06/24 09:46 】 | 家族 | コメント(9) | トラックバック(0) |
<<フレンチレストラン「CALLA」の巻-プチ熱中症 | ホーム | たこ焼きの恋>>
コメント

私もこの間お邪魔した時、ミタちんの不在をふと感じたよ。
飼い主なら尚更だよねー。
だけど、kyoちゃんの仰るとおり
猫の代わりは猫、彼氏の代わりは新しい恋。
なんてそんなうまいこと切り替えられない人もいる。
いい出会いがあるまでニュートラルにロマンスを待てばいいんじゃないかしら。
【2009/06/24 20:17】| URL | みにゃたろう #-[ 編集] |

こんにちは。いつも心暖まる記事を楽しませていただいています。

昨日は、リンクのご連絡をいただき、ありがとうございました。不都合などとんでもありません。こちらからも、リンクさせていただきました。

取り急ぎとはいえ、記事に関係のないコメントでお邪魔して恐縮です。申し訳ありません・・・。
【2009/06/25 02:10】| URL | nobara #-[ 編集] |

本当だね~。
蛸食べさせてあげたかったね~。

私にもいつかロマンスが現れるかな。
私のなけなしの母性本能を沸き立たせてくれるような。
【2009/06/25 09:11】| URL | みにゃさま #-[ 編集] |

リンクありがとうございました。

大学に通われている記事を拝見し、「やっぱこのくらいやらなければなぁ・・・」と自省する毎日です(でも前に進めていないのですが)。

これからもモチベーションの上がる記事を期待しています。
ps.漢方薬の記事も興味深く拝見しました。
【2009/06/25 09:14】| URL | nobaraさま #-[ 編集] |
ご無沙汰してました。
そうですね。うまくコメントできませんが、KYOKOさんのお気持ち、わかります。

今はそんな気になれないし、そうするつもりもないけれど、どこかでまた運命的な出会いがあるかもしれないし、それはそれでまた、その時にならないとわからないだろうし、ひょっとしたらその時も、わからないかもしれない。
自然に過ごしていくしかないかもしれませんね。
【2009/06/25 10:17】| URL | ミント #-[ 編集] |

自然にまた、猫と暮したくなる日が来ると思いますよ~。それまでゆっくりと待てばいいんじゃないでしょうか。

【2009/06/25 21:42】| URL | とら猫 #bIaWWfBk[ 編集] |

モモちゃん、天国で元気に走り回っているかしら。ミタとも出会えているかも。

「それはそれでまた、その時にならないとわからないだろうし、ひょっとしたらその時も、わからないかもしれない」

まさにそんな心境です。

ミントさんのブログを読んでいて、エリオットのCD買ってみようかしらんという気になってきました。BESTがあればいいのですが。
【2009/06/26 12:39】| URL | mintさま #-[ 編集] |

爪でぼろぼろになったソファーの買い替えを画策してます。でも、猫が来たら元の木阿弥かとも思ったり。

少々、大人2人の生活も飽きてきた頃、出会いがあるでしょうか。
【2009/06/26 12:41】| URL | とら猫さま #-[ 編集] |

しかとメッセージ承りました(笑)。

後ほどサイト見てみますね。楽しみです。

ではまた♪
【2009/06/28 10:06】| URL | 鍵コメ様 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/324-e7345d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。