スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
私がオバさんになっても~♪
バレンタインデーキッス♪ 2月14日になるとこの歌がどうしても頭の中を流れる私はおにゃんこ世代。何だか今年は青年実業家とやらがブログで国生さゆり嬢との交際を告白したりするものだからますます流れるよ、このメロディが。

土曜日だがだんなさんは休日出勤で上がり時間も読めないため、私はスポクラに行き、夜中に合流して家飯。板チョコなんかは家にあったので、地元のパティスリーでチョコ関連のショートケーキを買い込んでケーキバイキングにしてみた(写真撮り忘れる(涙))。晩御飯はキムチ鍋。統一感も何にもあったものじゃないけど、辛いの後の甘いで許されて~。



某所でバレンタインの話題となる。
「あんなことどうでもいいよね~。もうこの年になると」
とたぶん同い年の女性から話しかけられる。以前からだが彼女と話すと「おばちゃんだから」というフレーズがよく出てくる。そのたびに同い年である私も当然おばちゃん枠にはめられて、面倒だから同調しておく。

もちろん、私は世で言うれっきとした「おばさん」だ。見た目も真矢みきやらKYONX2やらであるわけでもない。友達の子供に会ったら「おばちゃんと遊ぶ~?」と躊躇なく話しかけるだろう。実際に叔母ちゃんでもあるわけだし(ただし、姪3人からはいまだに習慣でKYOKOちゃんと呼ばれるが(笑))。いい感じの肝っ玉おばちゃんにもある意味憧れる。

上記の彼女は年齢にも早生まれか遅生まれかまで敏感だ。私が5月生まれだと言うと「もうすぐね」と何だか安心したようだ。きっと私が先に年を取るのかな。(ある意味)年齢なんて記号にすぎないとでも言おうものなら、多くの人々(特に男性ら)からはきっと負け犬の遠吠えにしか聞こえまい。

だけど、人はいつからおねえさんでなくおばさんになるのだろう。35歳過ぎたら?40歳過ぎたらもはや当然?でも、40歳の誕生日を迎えて「ハイ、貴方はここからおばさんよ」と言われて自分を切り替えられるわけではない。自分という人間はそうそう急には変わらない。面の皮が厚くなったな、まさにおばちゃんだよと実感するときもあれば、乙女かよと頬を染めてしまうときもある。

もちろん、「いつまでも輝きたい」みたいなセリフは恥ずかしくて口に出せないし、若さにしがみつく気も若さと張り合う気もない。外見の劣化はとっくに気付いてる。イタイ格好も結構してる。

だけど、何かにつけ自分を「おばちゃん」カテゴリーに入れてしまうのはつまんなくないかな。自分にカセをはめるのはつまんなくないかな。芸能人に血道をあげたって、若さのはじけるイントラに夢中になったって、未婚者は言うまでもなく、既婚者も大した毒にはならない。同じ会社内で手当たり次第に手を出すというのでもなければ、トキメクことくらい誰にも大きな迷惑はかからない。いくつになろうが恋心っつーものはある。たとえ10年以上連れ添った旦那相手でも。

もちろん何事にも限度というものはあろうが、それを踏み越えたとしても自業自得でたぶんどっかで帳尻が合う。外から見ていて微笑ましいというか正直うらやましい。エストロゲンやら何やら女性ホルモンがどくどく放出されそうでサプリ要らずじゃん。いわんやおや、爪が長かろうが睫毛が長かろうが髪の毛がぐりぐりだろうがミニスカートだろうがクラブに行こうがもう本当にどうでもいい。同じくいい歳の女性が「いい歳をして」と蔑む。ああ女の敵は女か。

年を取ったら若い子みたいに、女をアピールするのは、人を好きになるのは、恥ずかしくてみっともないことだろうか。たとえ年相応の大人っぽいスーツの方がずっと魅力的だとしても、アルバローザでハジけたりクイーンズコートで可愛子ぶったりしてもいいじゃないか、大好きなことが傍からみえみえでもいいじゃないか、と個人的には思う。趣味嗜好の良し悪しは、必ずしも人間性の高貴・下賤とはイコールにならない。好きなことを諦めて他人の目を気にして生きるほど人生は長くない。

さて、そんなことを言っている私の場合は、なんか素敵だな~と密かに思う男性を各所にキープしている。心の中で、この人は脚が綺麗なんだよなと観察したり、この人は会話のセンスがあるんだよなと感心したりしてる。はなからチョコレートをあげる度胸もないしその気もない。むしろちょっとした距離感を保っていたい。こういうとこは自分も少し「おばさん大人」になったなと思う。いや単なる妄想好き?(笑)

「そう?私はチョコあげたいと思う人いるんだけど」
と答えてみたらどうだったろう。変な噂が広がるに違いない。

PS.誤解されるといけないから言っておくが、おばちゃん好きだ、特に関西のおばちゃん好きだ。母性と優しさと寛容さにあふれたおばちゃんは大好きだ。

【2009/02/16 09:13 】 | つれづれ | コメント(14) | トラックバック(0) |
<<飲んだら飲むな、飲むなら飲むな | ホーム | プチプラだって愛してる>>
コメント

どうも~。
KYOKOさんのジレンマというかそういう気持ちがヒシヒシと文面から伝わってきて、楽しく読めちゃいました、すみません(笑)。
でも、「年相応」の格好っていうのも難しいですよね。人にはそれぞれ、昔から着なれている格好というもんがあるわけで、それを急に切り替えるのって至難の業だと思うんです。
周りに気づかれないよう、微妙に2ミリくらいずつシフトチェンジしてくのがいいのかなあ…
【2009/02/16 10:45】| URL | とら猫 #bIaWWfBk[ 編集] |
女のアホな習性(笑)
年齢気にする人って、ずばり!

自分に自信がないんですよ。

初対面でも、すぐに年齢聞く人とかって、何故か女性ばかりですよ。
いつも、人の年齢聞いて何になる?って思うんだけど、
その人にとったら、気になって気になって仕方がないんでしょう。
そして、その人より年上なのに、下手にその人より若く見えたりなんかすると、
はい、嫉妬の嵐です(笑)

男女問わずいつまでも若く&若々しくいたいと思う事は自然なことですが、
これって、内面が作用すると思うのです。
見かけの年齢というのは、肌のつや、はりなどもそうですが、
それってのも内面の若々しさ=ホルモンのバランス=自律神経の安定から来るんですね。
若くても精神的苦労の多い人は、やはり老けて見えます。(自律神経のアンバランス)
ミーハー気味な人は若いですし、悲観的な人も老けて見えます。

また、自分のことをおばちゃんという人は、それって心理学的に言うと、
自己防衛の一種らしいですよ。
おばちゃんと言ってしまった方が、努力しなくていいし、ラクだからだそうです(笑)。
私は間違っても、自分のことをおばちゃんと言う人とはお友達になりませんし、
近づきもしません。
だって、うつりそうだもん!(笑)

自分が生活にも内面的にも充実していたら、年齢なんて気にしないと思うんだけどな。
ていうか、気にしているヒマなんてないでしょう。
【2009/02/16 10:53】| URL | パリー #9xsPF1TE[ 編集] |

今一度読んでみると、朝からやけに長文、ヒシヒシというか我ながらものごっつ必死感があふれててますなぁ(汗)。消すのもなんだし楽しんでもらえて光栄です。

1年に2mmだと10年で2cm、30年で6cm、なかなか変わらないか。
【2009/02/16 11:15】| URL | とら猫さま #-[ 編集] |

年齢ねぇ・・・言いたがる人も隠したがる人もあって難しいとこだわね、この話題は荒れる元だわ。

じゃ一応自分をおばちゃんって言うのやめます。ぱりぃちゃんから友達やめられるもの(笑)。

自律神経って恐ろしいよね、壊しまくってたときひどい顔してた気がするもん。精神的苦労は糧にもなるけどネガティブ志向はあかんよね。でも外からも気になるわ~。ぱりぃちゃんのサロンでやっぱ注射打ってもらおうかな。

叶姉のように年齢を超越した謎の女(化け物?笑)もいいかも~。理想は秋吉久美子嬢なり。
【2009/02/16 11:22】| URL | ぱりぃさま #-[ 編集] |

私は年齢を割りと気にする人間なので・・・自分で自分のこと「おばちゃん」って言ってるし。(そもそも海外だと言う機会もあんまりナイけれど)ぱりぃさんのコメント読んで反省しました。

南野陽子さんは20代の頃より今のほうがずっとキレイだなと思います。あんな風に年を重ねられたらいいな。
【2009/02/16 16:10】| URL | mg #-[ 編集] |

話のネタ探しに年齢を聞くこともあるますしね、同世代だと盛り上がったりしますし。私自身も気にしちゃうこと結構ありますよ。

でも、ぱりぃちゃんの「自己防衛」という指摘には何となくドキっとしましたわ。確かにそう言っとけば楽だし、逃げられることも多いものね。最近「歳だから~」を頻発していたので、良くないなと思います。言霊を大事にしなきゃ。

mgさんはまだまだお若いですけど!
【2009/02/16 18:29】| URL | mgさま #-[ 編集] |

いつから「おばさん」?
この格好いつまでしてていいの?
年齢を気兼ねなく口に出来るか?
最近、よく感じる事です。
30代の頃は「絶対に」自ら自分を「おばさん」とは言わない!言いたくない!と片意地張ってたけど
今はTPOに合わせて言ってもいいか~とブレて(?)きてる。
着る服も結局好きな物を着ちゃってる。
聞かれたら気負いなくガチで(当たり前)答えるけど、独身だからだろうか
40歳超えてから聞いた相手がうろたえる(特に年下男子の場合)シーンが多発。
「キイテハイケナカッタノデハ・・・」と思うらしく
相手に気を遣われる事に居心地が悪くなるので、サバ読んだ方がいいのか?と悩み始めてる(笑)
【2009/02/16 21:30】| URL | みにゃたろう #-[ 編集] |

年下の友達が多いんですが、「あたしなんて、ほら、おばさんだからさ」とか自戒を込めて言いつつも、それ以前に「生涯現役」(何に対して?)宣言をしています。

どこに行ってもかっこいい男子を探してキョロキョロしちゃいます。オヤジがギャルを見るときのように露骨に見ることはしないけど。今のお気に入りは新宿の某デパートの鶴屋吉信の店員の183cmくらいの男の子です(笑)

女性ホルモン>美容液、と思ってますが、せめて日焼け止めくらい塗らないと。レーザーやっちゃおうかな?
【2009/02/16 21:36】| URL | yukabell #G5/m9sr2[ 編集] |

KYOKOさんの周りは素敵な女性がいっぱいだと思います。
男性は女性に、女性は男性にそれぞれ恋をする。
お兄さん・おじさん、お姉さん・おばさんあまり関係ないのでは?
いつも輝いている人が魅力的だなぁ!
【2009/02/16 23:05】| URL | まあちゃん #-[ 編集] |
年齢よりも気になるのは・・
そっかー、話のネタ探しにね・・
私が男女問わず、初対面の人にまず聞くのが、

”職業”

相手の年齢はあまり興味がないですが、
こちらは気になります。
何をされているか、何が専門か。
とりわけ、相手が男性の場合は、
年収も気になります(笑)
【2009/02/17 06:48】| URL | パリー@ふたたび! #9xsPF1TE[ 編集] |

いいのよ好きなモノを着れば。自分が似合うというモノを着れば。時には自分と他者との評価が割れようと(笑)そのリスクを冒す覚悟があれば。

私は30代で旦那から外でのハイソックス禁止令を出されたけど(未だに履いてたのか!)。確かに人様にお見せできる膝ではない。

みにゃちゃん、30代前半でいけるよマジで。でもサバもそこそこに~。話のつじつまが合わなくなりますわよ。
【2009/02/17 09:29】| URL | みにゃさま #-[ 編集] |

「生涯現役」!何が?(笑)
年下のお友達はなんか元気をもらえそうで私も好きですね~。憧れの年上のお友達も増やしたいところ。

新宿の某デパートの鶴屋吉信の店員---
鶴屋というところがさらに渋いです。私もデパ地下でちゃんと目を光らせます。
【2009/02/17 09:33】| URL | yukabellさま #-[ 編集] |

外見美人、性格美人が周りに多いのは認めます(笑)。
でも、ときに意地悪な姑臭いチェックを入れる同世代に出会うと少しがっかりします。自戒をこめて。

【2009/02/17 09:39】| URL | まあちゃんさま #-[ 編集] |

再コメTHANKS。

うん、職業は気になるね。自分の知らない世界を聞くのは楽しいもの。フリーランスの年収は結構気になる(笑)。どんな営業してるかとか。

女子でもそう、専業兼業にかかわらず自分の世界を持ってる女性がやっぱり話してても楽しいわ。だんなさんや子供の話も面白いけど世界がそれだけだとね。

つまんないのは旦那のステータス=自分のステータスと思ってる人。「で、貴方は?」と聞きたくなるかも。
【2009/02/17 09:47】| URL | ぱりぃさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/248-d1d51fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。