スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
狐と狸の化かしあい
昨日は祝日であっても平日カウント。フリーランスの宿命か。それでも電話がかからないと思うと気分は軽く、ついついだらけてリビングに逃げる。

何だか最近、TVをつけるとホスト特集が多い。祝日に特番を組むくらいだから、困ったときはコレ!というネタに違いない。何を隠そう、私もホスト(ホステス、美人ママ)番組は結構好きだ。これに加えて「警察24時」「神の手ドクター」モノもお気に入り。大家族モノには興味なし。

話を戻そう。ホスト番組になると、演出上仕方がないのだろうが、数十万、数百万を一晩でつぎ込む女社長やら女の子が絶対に出てくる。私はホスト業界には全く詳しくないのだが(いや本当。考えてみれば女社長のはしくれじゃん(笑))、こんな客ばっかりだったらホスト店もウハウハで儲かりまくるはずだが、大半は数万程度で軽く遊ぶ女の子(人)が大半なのではなかろうか。最近は初回5000円ぽっきりだとか大判振る舞いで初回は只なんて店も出てきてるみたいで、はしごしてリーズナブルに遊んでる子も多そう。シャンパン開けるなんて特別で、焼酎程度でお茶を濁す(←あくまで想像)。会場のアンケート?では半数以上のホストが客にばっくれられ、自腹を切った経験があるそうだ。

コメンテータやらゲストやらは「女性の心をもてあそんで金を巻き上げるとは」とホストを悪者扱いする人も多いが、女性だってそんなアホじゃない。もちろんホストに有り金吸い取られて苦界(?)に身を落とす女の子もいるかもしれないが、そんなのごく1部だろう。キャバクラやクラブのお姉ちゃんのために身を滅ぼす男性の割合の方が格段に大きかろう。

大きなお金を落とす客の多くはそうしたお水の女の子(お金は回るよ回る)、ふんだんなお小遣いを与えられてるお嬢様、商売が上手く行ってる自営業者くらいであろうか。親の金で遊ぶ子を除き(ま、それも勝手か)、自ら稼いだお金でストレス解消に夜をはっちゃけて過ごしたいと思うのは、男性も女性も同じ。「心」がうんぬんなんて言う方が馬鹿げてる。あとは金銭の価値観の問題だ。

世の中の大半の女性はホストになんて興味ない、というのが通説であろう。嘘嘘、芸能界をざっと見渡してみよう。ジャニーズタレントはほぼ全員が黒服を着てたって違和感がない。キムタクなんてNO1ホストそのものの貫禄と風貌だ。今が旬の小栗旬君も、盛りを過ぎたか福山君も。音楽畑で言えば、ビジュアル系バンドの面々も。外見や身のこなしがホストとは全くの対極にいるアイドルやスターを探すほうが難しいくらいだ。おまけに頭が空っぽなんて気にしない。はじける相手と政治経済や文学を語り合いたいわけではない。見てくれと、痒ければ背中だってかいてくれる気の効きようとマメさがあればそれでいいんじゃないかと個人的には思う。

超マッチョで短髪好きの友人は、好みがいない!とホスト嫌い。これは確かにそう。私は濡れ手に粟であぶく銭が手に入ったら、オーランド・ブルームにラテンの香りを加えたようなホストがいれば考えなくもない(笑)。いねーよ。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/03/21 09:27 】 | 時事社会 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。