スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
パラレルで行こう
質は自分では判断しがたいけど、一日にこなす仕事量(スピード)は割と多いんじゃないかと思う。

「集中力があるんじゃない?」

とたまに言われるが、たぶん逆だと思う。ものすごく飽きっぽいのだ。集中力が続かないから自分なりに心がけて、というか実践していることがある。「PARALLEL(並列)」が私の信条。考えてみると受験生時代からそうだった。

飽きっぽいので一時間もしないうちに思考が他に飛ぶ。時には仕事中にも他のアイデアが浮かぶ。多くの場合、食べたいもの。今日のお昼と晩ご飯は何にしようかなぁと思うと、クックパッドなどを検索して、すぐ下準備したくなる。メモ書きしてまた仕事に戻る。

扱う仕事も同時進行することが大半だ。よくやるのが午前と午後で英訳と和訳をチェンジすること。頭の回路が切り換わった感じがして新たな気分で仕事に取り組める。こういう表現もあったんだという相互作用が働くのも良い。ついでに言うとそのためにお付き合いするクライアントも1社に偏らないように、常時3、4社からお仕事をいただけるように工夫している。そうすることによってリスク回避もできるし、仕事の分野が広がる。本来なら、いや将来的には翻訳以外の他の仕事もパラレルに行っていきたい。こちらは夫にも少し期待。

1日の時間が足りないし、これまた飽きっぽいせいもあって、プライベートの時間もパラレル。ジムでレッスンに出ないときは自転車をこぎながら読みたかった雑誌や本に目を通す。ジムの行き来のウォーキング30分は考えをまとめる時間。歩きながら考えることで一番いい考えが思い付く。


細切れに思い付いたことをすぐにやりたい。こんな生活はフリーランス以外ではできなかった。一つのことに寝食を忘れてじっくり取り組むような仕事ぶりにも憧れる。ただ自分にはやっぱり向いていない。こうして仕事に向かう前にも既にやりたいことが何個も頭をよぎって誘惑する。だからこそ仕事に手を付けると、火事場の馬鹿力的な集中力が生まれるのかもしれない。非論理的だが。


パラレルにできないこと。

夜のひととき。好きなお酒を飲みながら、ほろ酔いで撮りためたビデオを観る。他のことはしたくない。

二股も駄目(笑)。一番大好きな人(物)は重ならない。これはSERIAL。


【2016/02/15 09:38 】 | お仕事・お勉強 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<「本家柴藤」--将軍様も愛したお味 | ホーム | 「オステリアレーブ」の巻--一歩先へ>>
コメント

仕事の同時進行、英訳と和訳のチェンジ、いいですね!同じことをずっと続けるよりは、切り替えながら進めていくやり方の方が能率がよさそうですね。

以前は案件を1つ受けるとそれだけでいっぱいいっぱいでそれが終わるまでは次のことを考えられなかったのですが、最近同時に抱えることも増えてきて、その方が「飽きずに」やれるなあと実感しているところです(私は超飽き性なので(^_^;))。
【2016/02/19 18:55】| URL | tomoko #-[ 編集] |

★tomoko様

昨日はお疲れ様でした。久しぶりにお目にかかれて嬉しかったです。

そうそう「飽き性」の私たちにはパラレルが合っていると思います。英訳と和訳のチェンジはいいですよ。

今度はゆっくりと飲みながら語りましょう♫
ではまたね。
【2016/02/22 10:11】| URL | tomoko様 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1361-9e7449a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。