スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
祝ノーベル賞
大村智氏「寄生虫による感染症の治療法に関する発見」の医学生理学賞に続いて、梶田隆章氏「素粒子ニュートリノの研究」が物理学賞を授与された。二日続いての快挙だ。大村氏のときは久しぶりに駅で号外を手にした。

いつも思うのだが、ノーベル賞をもらうほどの人物になると、その業績は言うまでもなく人間性が素晴らしい。いや、別に彼らを詳しく知っているわけではないので、家や職場では横暴であったり、うじうじとした腹黒い人間であったりするのかもしれないが、報道を見るかぎり、その欠片も出てこない(当たり前か)。社交的で弁舌豊かというタイプは少ないが、応援したくなる持って生まれた「人たらし」の才能がある。(私はずっと昔から理系の男性が好きなので評価が甘い)

大村氏の名言。「科学者は人のためにやらなければダメなんだ。人のためにやるということが大事。」

でも、天才科学者はいるにせよ、孤高の科学者がこのような脚光を浴びるのは不可能だろう。若いときは師から可愛がられ、引き上げられ、それ以降は彼らの手足となり共に協力してくれるパトロンや仲間たちがいなければこのような研究は続けられなかったことと思う。少なくとも、「内助の功」でずっと支えてあげたいと伴侶に思わせられる魅力があるのだろう。

梶田氏についてはまだあまり報道を見ていないが、大村氏という人は、メルクとの共同研究を可能にしたビジネスセンスもすごいし、美術やスポーツへの造詣も深い。どれだけスーパーな人間なんだ。何かを成し遂げる一角の人物は、凡人とは異なる恐るべき体力/気力を備えているといつも思っている。もしくは、たとえ身体は病弱であっても、それを補う精神のパワーがある。


「やったことは大体失敗する。うまくいかなかったり。そのうち5、6、7回やってるうち、びっくりするくらいうまくいく。それを味わうと失敗が怖くなくなる。それが研究の楽しさ。失敗したから良かった。それが必ず役に立つ」


これもいい言葉。こんなに立派な人だって、成功よりも失敗がずっと多い。月とすっぽんだけど、私もそう実感する。先日、あるセミナーに出かけて、「翻訳のスピードが遅い」という悩みに対して回答するというコーナーがあった。量をこなすうちにスピードは必ずアップするという回答が寄せられた。何事も一朝一夕に向上することはなく、毎日毎日の積み重ねが知らず知らずのうちに自分の中に蓄積されていくのである。スポーツしかり、趣味しかり、ダイエットしかり、健康しかり、美容しかりetc。

何ヶ月か何年か経って、あれ、変わってる♫ できてる♫ と気がつく。根気の要る話だ。でも、即効性という言葉に飛びつかないように自分を戒めたい。


【2015/10/07 11:16 】 | 時事社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<淋しさと、楽しさと、やっぱり楽しさと | ホーム | お散歩 in 中之島>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1320-47cea015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。