スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
私のアイドル-朋ちゃんの20年
シルバーウィークの始まり。前日のジムのレッスンに行ったら、

「明日はミスチルのコンサート」

という人が数名。ミスチルのファンって本当に多い。そんな中、

「私は朋ちゃん」

と言って、雰囲気を一変させる。



華原朋美


実は今年、華原朋美はデビュー20周年で、本もアルバムもリリースし、全国ツアーも精力的に過ごしているのである。「ヒューヒュー」の桃の天然水の頃から、なんて可愛いんだろうと思っていた。世代は違うものの、郷愁も重なって彼女の歌が好きなのだ。

多くの人がご存じのとおり、なんだかんだあって長期間芸能活動の第一線から退き、3年前から本格的に復帰している。彼女の魅力は41歳とは到底思えないキュートな美貌と、あの高音ボイスであるけれど、それだけでなく良くも悪くも彼女自身に内在する「不安定さ」にある。つい守ってあげたくなるような子犬のような素直さと愛らしさ。

「I'm Proud」や「I BELIEVE」はやっぱり朋ちゃんでないとぐっとこない。大好きな「やさしく やさしく たのしくね」も。コンサートでは「DEPARTURES」や「LET IT GO」などのカバー曲も歌ってくれた。20周年故、デビュー時からのPVも流し続け、バンド、スタイリグ、照明含め構成が素晴らしい。小室哲哉が16年半ぶりに楽曲提供した「はじまりのうたが聴こえる」も気に入った。




(今年発売のBESTアルバム2つ)

普通のコンサートにはないような、MC中のファンとの会話が楽しい。年代層は本当にバラバラでアラフォーはもちろんのこと若い世代も結構多い。

「朋ちゃん、あたしハタチ!」という子にねえ、ダーリン♫と歌って「西野カナちゃんに行きなよ」と返す。

彼女の人生が歌声に乗っかっていると共に、おそらく聞く側は自身のいろいろな葛藤を彼女の歌に投影してしまうのであろう。それは華原朋美およびその周りの人々の戦略かもしれないし、彼女の本心そのものかもしれない。たぶんそれらの組み合わせ。


アンコールで号泣して一時歌えなくなった。ともあれ、神様は彼女にこの顔と声を与えた。目の前の、燦然と輝くスポットライトを浴びて、キラキラとしたドレスを纏う姿は、やっぱり何年もファンを待ち続けさせる選ばれた人なのだと思う。弱さと共に、実はすごく強靱なメンタルを備えた人。そうでないと芸能界という場所をわたっていけないだろう。



仕事も溜まっているけれど、やっぱりちょっとおいといて連休は たのしく たのしく たのしくね。


【2015/09/21 09:41 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<わたしをリペア | ホーム | 地球の反対側へ>>
コメント
朋ちゃん
チャーミングで大好きな人です。
顔と声、オンリーワンの可憐さ。
朝ドラに出ている(明日で終わりますが)
清水富美加という若い女優さんが
朋ちゃんによく似ていて期待しています。
【2015/09/25 12:04】| URL | 薄荷 #gznAJbQc[ 編集] |

★薄荷様

こんにちは。コメントありがとうございます。
本当にキュートという言葉がぴったりの人です。
本物を見るとますます魅了されました。

朝ドラを見ないので、その女優さんを知りませんでしたが、少し朋ちゃんに似ていますね。
これから人気が出てくるでしょうか。

ではまた!
【2015/09/25 13:33】| URL | 薄荷さま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1314-c777e8c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。