スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
花火と大宴会と故郷と
お盆には帰れそうにないので、少し早めの帰省を済ませてきました。ちょうど実家辺りでは夏祭りのラッシュ。二日続けての花火を満喫することができました。

花火1


父親に引き続き母親も亡くなったので、実家に帰ってもアウェイ感満載で淋しいかしら・・・と少し不安に思っていたのですが、姉夫婦の歓待と共に、姉のお友達たち十人以上が集まった宴会に混ぜてもらえました。我が家からは花火が真正面でこんなに綺麗に見えるのです。


花火2


フリーランス稼業も長くなり、大阪という土地柄にも随分慣れて、私も自分比でかなり社交的になってきた気がします。それでも、PTAの係をいつでも引き受け、家業のお客様やご近所の人々との付き合いをこなし、どこに行っても友達をすぐに増やしてしまう根っからの社交的気質を備えた姉とは段違いです。

若い頃は、どうも合わないわ・・・と思わないこともなかったけれど、大人になるにつれ、良きも悪きも、長女という責任感の元で妹を庇護し、○○家の将来を考えて一家を仕切ってきた姉に感謝する機会が増えてきました。

親子と同様、兄弟姉妹の間も、血がつながっているからこそぶつかることや悶々とすることが出てくるものです。他人ならば縁を切ってしまえるものの簡単にはそうはいきません。そういう例を周りでも目にすることが案外と多い中、姉妹と、そして姪たち一家と、程々の距離感を保ちつつ、仲良くやってこれていることは、意識していなかった宝物なのかもしれません。


花火3


若いときは、もしかしたら恋愛や友達の方が大事で、自分のことで精一杯で、血のつながりなどをあまり重く考えることがありませんでした。でも、私の実家、そしてだんなさんの実家を訪れると、必要以上に頼るつもりはないのですが、帰るべき場所があるような何となく穏やかな気持ちになるのも事実です(「ゴッドファーザー」みたい・・・)。


それが「お盆」の役割なのでしょうか。

早めの第1回目?夏休み、もう少し続いています。



【2015/08/04 09:31 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<暑いときこそ!-姫センGOGO | ホーム | 夏の定番に>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1296-65aae2e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。