スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
七月大歌舞伎「絵本合法衢」--祝人間国宝
今年の「七月大歌舞伎」は通し狂言 絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)立場の太平次(たてばのたへいじ)です。

大阪天王寺の合邦辻閻魔堂(現大阪市天王寺区)で実際に起こった敵打ちをテーマにしている。南北(当時は勝俵蔵)は読本『絵本合邦辻』を原作として、左枝大学之助と立場の太平次という極悪人を主人公に据え、悪事の限りを尽くさせている。綿密な構成や『忠臣蔵』などの古典の仇討狂言のパロデイを巧妙に取り入れるなど、仇討狂言の白眉と賞されている。
Wikipediaより

ちょうど主役の片岡仁左衛門さんが七月に人間国宝に認定され、タイミングの良さに感謝です。片岡孝夫さん、歌舞伎界きっての二枚目、まさに色男ですね。仁左衛門が一人二役となり、殺して殺しまくります。今で言えば、三池崇史監督の映画のようかも。


2015七月歌舞伎


天神祭と重なってかどうか、南座ほどではないものの松竹座でも着物姿の女性の姿が目立ちました。歌舞伎観劇に着物はしっくりきて、女っぷりが数段上がるように思います。粋筋のお姉さんの着こなしも格好良いですし、お友達同士連れ添った年配マダムたちの年季の入った装いも素敵です。私、女子力低いです。


仁左衛門さん、麗しいです。70歳を超えているとはとても思われぬ声の張りと色気です。

夏の夜の鶴屋南北--ひととき暑さも忘れて舞台に浸りました。


【2015/07/27 08:41 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<夏の定番に | ホーム | 夏のモノトーン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1294-98bc5c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。