スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
げに恐ろしきは--
夏期、ご存じの「Mの会」の開催に向け、第1回目の打ち合わせに出かけてきました。

場所は「接方来」。祇園祭の頃の京都はやっぱり暑いです! でも世界の魅力的な都市ランキングで1位となった京都。この日もたくさんの外国人観光客であふれていました。涼しい店内で京野菜とワインを美味しくいただきました。


seppourai.jpg



今回のセミナーではおそらく誰もが気になる「お金のハナシ」をテーマとして採り上げる予定です。今までのセミナーは語学およびツールに関わるものでした。そうした翻訳技術を磨くことは言うまでもなく大事なことですが、そのうえでプラスαを知ったり、身につけられたらいいですよね。

ワークライフバランス含め、どのようにこの仕事に向き合うか、どういう収入レンジを目指すのか--様々な選択肢の中から自分に見合った働き方を見つけるヒントにしていただければ良いかなと思います。もしかしたら、実は翻訳を仕事にするのに向いていない方もいらっしゃるかもしれません(毒)。見切りを付け、方向転換することも決して悪い選択ではありません

今回プレゼンをする全員が、専業主婦期間が短いかほぼなく(私以外は複数のお子さんあり)、フルに働くというスタンスが身体に染みついており、方向性が少々偏っている?という懸念もありますが、パネルディスカッション形式も採り入れ、多くの人々のいろいろな意見を聞いてみたいと考えています。


打ち合わせの席で話していて再認識したことは、翻訳業とはモノを作り上げる「製造業」というよりも、相手のニーズを読み取る想像力や機転が要求される「接客業」の要素が大きいということ。行間を読み取ることも大事ですが、人の気持ちを読み取る能力もかなり必要であるように思います。これだという正解がないからこそフレキシブルな対応が大切になってきます。周りにいる優秀な翻訳者さんたちはきっと他業種、たとえばその事務処理能力を生かして秘書や、数字に強ければ経理、営業職についても成功したんじゃないかなぁ。


話はちょっとずれますが、ごく最近、知人がマルチ商法にどっぷり浸かっているのを知りました。マルチ(ネットワークビジネス)自体は違法ではないし、人それぞれの価値観があるので、敢えて強硬に否定するものではありません。でも、その商売を続けている限り個人的にお付き合いする機会はないでしょう。彼女は美しく、賢く、ある種のカリスマ的魅力を備えるが故に、厳しい世界で失敗するよりもなお残念なことに、成功を収めるかもしれません。彼女が成功すればするほど、その末端では、借金で首が回らなくなるような人々も生まれてくるでしょう。

タワーマンションに住み
外車に乗り
ハワイでバカンス。


がんがん稼いで、たとえばそんなステレオタイプの贅沢を夢み、実現すること--彼らに言わせれば、それは一面で、本当に目指しているものは、素晴らしい商品を大事な人々に紹介して喜んでもらうと共に、仲間みんなで力を合わせて自己実現することらしいです。金銭欲は自覚の無いまま人の心を変えてしまいます。もちろん私もその例外ではありません。だからこそ「君子危うきに近寄らず」を守りたいのです。

まあ、翻訳業で超リッチになるのは難しいとは思いますが、人並みの収入を上げることはマルチよりももっとリスクが低く、可能性が高いことだと思います(笑)。




【2015/07/13 08:36 】 | お仕事・お勉強 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ブロックしちゃおう | ホーム | 爽やかな夏の日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1290-5c9b43be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。