スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
一般人格付けチェック
高いからって美味しいとは限らず、
安いからって不味いとも限らない。
自分の好きなワインが美味しいのです

と先生がおっしゃる。

別にワインに限らず、どんなものでもこれは成り立つのだけれど・・・

フランス特集で、スパークリングは「クレマンドロワールブリュット」から幕開け。シャンパーニュに近いロワール地方の本格スパークリング。

クレマンドロワール

今回の講座の趣向は、約3000円のワインと約10000円のワインを目隠しして飲み当てるというもの。もちろんボトルで判断されないようにグラス毎にサーブされる。白と赤でチャレンジした。3000円っていっても我が家では高級品の部類なのだが。

コートロティ

白はブルゴーニュ地方のシャルドネで。赤はローヌ地方のシラーで飲み比べ。先生のチョイスが好きすぎる、というかフランスワインが美味しすぎる。赤の「コート・ロティ・レ・グランド・プラス」。お値段は1万円超。レストランなら2万超え、クラブなら3万近くはとられるだろうか。

割と簡単な違いだったのできちんと当った。3000円のワインの方を美味しいなと思えれば幸せなのだけれど、やっぱり1万円の方がクラクラくるほど旨い。自分の舌も少しずつ進化しているのかもしれないが、贅沢を知るのも怖いことである。


テレビの格付けチェックでは1本100~200万のロマネコンティが登場する。ここまで来ると悩むまでもなく一瞬で分かるのか、それとも経験したことのない味にかえって不味いと判断してしまうのか。以前、実家にお客さんが多分今なら20万円くらいのワインを持ってきてくださった(下戸の父親と日本酒党の母親なのになぜ?)。もらってかえって一人で飲むのも味気ないので、持ち込みにして友人達と飲んだが、そのときはどうも良さが今ひとつ分からなかった。今ならその円熟した味わいを楽しめるのだろうか。



【2015/02/23 09:27 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「タヴェルナ・ポルチーニ」の巻--熱いぞ、福島 | ホーム | 人生の午後二時に>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1249-dc3b6caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。