スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
お金の先生と
昨日は、私のお金の先生、A嬢とB氏とでしっとり(?)と和食で忘年会。

と言っても資産運用についてが8割を超える色気皆無の内容です。二人は銀行含む金融畑数十年のベテランで、B氏はフリーランスの投資コンサルタント(というのかしら?)、A嬢も満を持して今の会社を退社し、FP業のフリーランスの道に踏み出しそうです。個人事業主あるある話だけでも盛り上がります。

皆様もご存じのとおりか、私は数字にはめっぽう弱く、伝票を付けるだけでも苦痛で、家計簿も三日と続いたことが無く、結局会社の方も税理士さんにお任せのザル会計でした。しかしながら、これでは駄目だと数年来、少しずつお金の勉強も始めています。

もちろんお金は魔物で、投資熱に浮かされた結果、道を誤った人はマスコミでもよく目にし、周りにもいないわけではありません。生活費には手を付けない、地道な運用とリスクをとる運用のバランスを常に考える、ただしリスクがあるといっても長い目で見れば損を取り戻すこともできるので、余裕を持って余剰金で行う、ことを自分には課すようにしています。本来ならば毎日、新聞等をじっくり読み込み、勉強しながら自分で判断することがBESTなのかもしれませんが、やはり私にとっては本業が大事です。「餅は餅屋」でプロのアドバイスをある程度まで聞き入れるようにしています。

お金に翻弄されるのは「粋」ではありませんし、根性までセコケチになってはいけません。でも、投資というものに興味を持ち始めて、日々のニュースを見ても、だから世界経済はこう推移しているのか、今後の日本の政治はどうあるべきか、等々、面白く思えてきました。随分遅いですね(苦笑)。日々一線で勝負している専門家らのレクチャーはたいそう興味深いものです。競馬が身銭を切るからこそ興奮し楽しいのと同様、何事も身銭を切ってこその真剣さと楽しさが生まれてくるように思います。根っからのギャンブラーだった父親の血筋でしょうか。


ただ、どんなプロでも確実に先を読める人はいません。私は「石橋を叩く前に走り出す」B型気質なので、先の見えなさは逆に楽しかったりもするのですけど・・・。

PS.ちなみに相談の末、2ヶ月前に買った某国ファンドは2ヶ月で10%以上の儲けを生み出し利益確定できました。これぞボーナスですね。


【2014/12/12 08:31 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<20th Anniversaryに思うこと | ホーム | 桃谷楼の巻--美味しく、美しく、温かく>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1228-90d084cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。