スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「翻訳業界調査」雑感(II)-定年はアリ?
ワイン講座では多くのリタイア族とお近づきになることができた。来期も受講できるかどうかは分からないが、機会があれば再受講して親交を深められればと期待している。長年通っているジム数店舗でもリタイアorリタイアが近い女性たちと今までに随分知り合いになった。

「友人とは偶然乗り合わせた乗客のようなもの」

という言葉を読んだ。濃く一生付き合っていける友人もいいと思うが、その一方で友情にも「旬」なようなものがあって、自分および相手の環境の変化などで疎遠になってしまうこともある。だから、旅先の電車で偶然隣に座った間柄のように、限られた時間をお互いに楽しく過ごし、そして自分たちの目的地でそれぞれが去っていく、そんな軽やかな付き合いもまた楽し。相手に深くを求めず、でも気軽に親切を与えられる--そういう浅さもあっていいのだと歳を重ねる毎に思う。いろいろと重いものを背負わざるを得なくなる中年だから重いのはもう嫌(笑)。


いつものごとく話がずれ始めているが、前回書いた「翻訳業界調査」セミナーでもう1つ、おやと思ったこと。

「皆さんは何歳くらいまで仕事(翻訳)を続けますか?」

というA氏のご質問で、「では60歳の方」という中で手を挙げたのは私を含めほんの数名だった(確かI嬢も)。大多数の人が70歳またはそれ以上で手を挙げていたように思う。


60歳と考えてみると翻訳人生あと10年余りか、贅沢を言えば、前回理想は5時間と書いたけれど、最終的な理想の形は3時間、午前中だけ仕事をして、納期も余裕を持たせ、週休3日くらいで仕事をくだされば60代でも働いていいかなと甘いことを考えている。でもイキのいい優秀な翻訳者も次々現れているだろうから、そんな条件では真っ先に首を切られるだろう。知力/体力の衰えを経験でカバーできるのも60代半ばくらいかと何となく予想している。

しかしながら、語学はやはり嫌いではないし、ボケ防止も兼ねて翻訳の勉強はずっと続けてみたい。それが仕事の形であればなおいい。上記のように3時間、残りの午後は、家庭を充実させ、そして知り合ったリタイア族のように死ぬ前にいろいろな見聞を広げてみたい。知らない世界はまだまだある。


そこでやっぱり大事なのはお金なのである(苦笑)。このブログでも、仕事のリスクヘッジについて何度か書いた。私は、クライアントをばらけさせること、分野をばらけさせること、クライアントの地域(or国)をばらけさせること、をなるべく実現しようと試みている。今後は上記のように翻訳業ができなくなることも視野に入れ、収入元自体をばらけさせようと思う。投資は既に始めているが、専門家の手も借りて、不労所得の割合を増やしていきたい。また、我が家は独立採算制?なのでこれも一種のリスクヘッジかもしれない。


調査雑感から外れたが、「翻訳業」は「副業」としてはなかなか有望な職業ではないだろうか。子供がいるとその成長過程に合わせて生活のスタイルも変わることを余儀なくされたりするが、そういうことを経験していない。だが、30歳、40歳前後にと不思議と大きな節目になるような変化があった。そろそろ何か始める節目という気がする。仮想定年に向けて。元来ものすごく飽きっぽい人間なのである。10年が私が基本的に一つのことに集中する期間といえばそうかも。



【2014/07/31 09:19 】 | お仕事・お勉強 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<新生キュニエットの巻 | ホーム | RAINBOW SUMMER>>
コメント
前置きの部分ですみません
友人についての記述、興味深く読ませて頂きました。
年齢や環境の変化とともに、友人に対する付き合い方、距離感など変わっていくのでしょうね~。 
私は(も?)、あまり特定の人に執着せず、でも、数ではなく徐々に相手を厳選して(核となる部分で自分と合うかどうかという意味ですが)、細く長く(その時々で濃密になったり、一時疎遠になったとしても)、付き合っていきたいと思っています。
もちろん新しい出会いも大切にして。できればgiveを多く・・・。
【2014/07/31 10:07】| URL | eru #-[ 編集] |

私も60歳で手を挙げました。(あ、kyokoさんも手を挙げてる~♪ 同じだ~!)と心の中で思ってました(^^)

私が手を挙げた理由は、60歳が定年の会社で働いている夫の存在が主な理由です。それも定年まで働きたくない、50代半ばでやめたい、とか言っているw そういう働き方の人が同じ屋根の下にいて、自分は納期に追われている姿が想像できないです。

でもお金は大事。お小遣いがほしいと思って60歳超えてもやっているかもしれませんw 1日3時間労働、週休3日、いいですね~☆ 私もそういう最終形を目指しつつ、当面は長時間労働せず収入はアップするようにがんばります(^^)
【2014/07/31 13:00】| URL | リスノ #-[ 編集] |

★eruさま

こんにちは。

友人関係は多かれ少なかれ誰もが一度は悩む事柄ですね。良い距離感を保つことをなるべく心がけようとしていますが、なかなかうまくいかないこともあります。お互い様ですので、相手からもそっとフェイドアウトされることもあるでしょう(悲)。

私もtakeよりもgiveできる人間でありたいと思っています。難しい・・・
【2014/08/01 07:39】| URL | eruさま #-[ 編集] |

★リスノさま

え、リスノちゃんも60歳で挙げていたのね~。

旦那様の定年・・・そっか、そういう考えもあるのね。この間も同業者の食事会で、夫の帰りが早すぎる、夫が仕事をしているといい顔をしない、などという意見も出ました。夫婦間の仕事バランスも難しいものですねぇ。

余りに暑いので仕事へのモチベーションが下がっています。今週はサボりすぎたので土日も仕事を入れなくちゃ。3時間への道はまだまだです。
【2014/08/01 07:44】| URL | リスノさま #-[ 編集] |

はい。私も60歳で手を挙げました。あと5年ということですね。今後の人生を好きなように生きるためにも今はもっと稼ぎたいと思っています。もっと収入を得るにはどうしたらよいのか、最近よくそんなことを考えています。
【2014/08/01 10:09】| URL | mariko(猫先生) #Xnq8k9Uo[ 編集] |

★猫先生様

こんにちは。猫先生も60歳定年でしたか-。意外と多かったのですね。

今度開催予定のライフプランニング講座でもそんなことのヒントをつかめればいいかなと思って企画を考えました。先乗りして自分もライフプランについて聞いてきますね。

ではまたお会いしましょう♫
【2014/08/01 11:14】| URL | 猫先生さま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1189-523d490b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。