スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「仁義なき戦い」-格好つけにゃあ、ならんですけん
この年末年始はケーブルテレビ番組の当たり年でした。観たいなぁと思っていた映画とドラマを随分撮りためることができました。WCも近づいてきたのでサッカー特集番組にもかなりHDの容量を食われています。

11時以降は宵っ張りのだんなさんにチャンネル権を明け渡してあげたいので、通常9時~11時が私の至福の晩酌&TV TIMEです。11時以降は寝るまでの読書の時間です(本棚もボチボチ更新しますね)。

紹介したい作品の第一弾はコチラ。今更紹介するのも恥ずかしいほどの邦画の最高傑作の1つです。久しぶりに全編通して復習中です。







小粋なフランス映画が好きな私ですが、ご存じの通り、ホラーと、もう一つ、任侠物も好物なのです。決してバイオレンスが好きなわけではなく、むしろ実生活では暴力や大声、争い事を嫌うチキンハートの持ち主です。いえ、だからこそ二次元の世界ではこういったものに惹かれるのかもしれません。


「仁義なき戦い」は、戦後の広島で実際に起こった広島抗争を題材として、飯干晃一が著したモデル小説。この原作を東映が製作した映画はシリーズ化され、演劇にもなった。キネマ旬報が2009年(平成21年)に実施した<日本映画史上ベストテン>「オールタイム・ベスト映画遺産200 (日本映画編)」では、本作を歴代第5位に選出した。


成田三樹夫



今回WOWOWでは太っ腹にも深作欣二監督の「仁義なき戦い/新・仁義なき戦い」に加えて、深作監督後の「仁義なき戦い」も一挙放送です。

深作オリジナル五部作
仁義なき戦い(1973年)
仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年)
仁義なき戦い 代理戦争(1973年)
仁義なき戦い 頂上作戦(1974年)
仁義なき戦い 完結篇(1974年)
深作新シリーズ
新仁義なき戦い(1974年)
新仁義なき戦い 組長の首(1975年)
新仁義なき戦い 組長最後の日(1976年)
監督作品その後の仁義なき戦い(1979年) ※工藤栄一監督
新・仁義なき戦い(2000年) ※阪本順治監督
新・仁義なき戦い/謀殺(2002年) ※橋本一監督


古~い、怖~い、つまらな~い、と思われる方はだまされたと思って一度、最初の「仁義なき戦い」をご覧ください。はまるひとははまります。特にお勧めは2作目の「広島死闘編」です。

「仁義なき・・・」の魅力は厚い層の俳優陣。今は白い犬の北大路欣也さん、マグロを釣っているおじさんの松方弘樹さん、アンナパパの梅宮辰夫さん、その他大勢の役者陣が、役柄がまさに乗り移ったかのような渾身の演技を披露しています。ええっ、この人若いときはこんなに素敵だったの!という驚きを楽しむこともできます。特筆すべきは山守義雄親分演じる金子信雄さん。カネに汚い意地汚さが最高です。しかしなんといっても広島死闘編の千葉真一さんが演じた大友勝利の狂犬キャラには驚かされます。今なら妻夫木くんやジャニーズの面々といったところでしょうか、そのようなアイドル路線の彼がここまでの汚れ役をやりきった根性に頭が下がります。ちなみに私は成田三樹夫さんのファンです。菅原文太さんのイケてる度は言うまでもありません。今の役者で彼に代わる人はいないでしょう。


千葉真一
(梶芽衣子さんも美しい!)


そして、「仁義なき・・・」のもう一つの魅力は広島弁です。私は広島生まれではありませんが、なぜか広島に縁があり、友人も何人か、そして義兄も広島出身です。この映画のような広島弁を話す男性は現代にはもうさほどいないとは思いますが、「KYOKOちゃん、これ食べんさい」。今の優しげで、でも男気にあふれた広島弁もぐっときますね。

名言集

「おやじさん、云うとってあげるが、あんたは初めからわしらが担いでる神輿(みこし)じゃないの。
組がここまでなるのに、誰が血流しとるんや。神輿が勝手に歩けるいうんなら、歩いてみないや、のう!」

「蛇はどんなに切られても頭さえ残っとったら生き返ることができるんです。頭食われたら生き返るもんも生き返りゃせんのですけえ」。

「広島極道は芋かもしれんが、旅の風下に立ったことはいっぺんもないんで。 神戸のもんいうたら猫一匹通さんけん、よう覚えとけや!」

「ササラモサラにしちゃれい!」
(←どういう意味??)


今の世にも通じる名台詞が一杯です。映画を観た後はなぜか広島弁が話したくなるのです。


手間ばかりかかって実入りの少ない原稿を納品した後など、こうつぶやきたくなります。

「間尺に合わん仕事をしたのう」


すみません。また長くなりました・・・。仁義なきについてはまた今度折を見て(え、また?)




【2014/01/08 09:48 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<神頼みとは | ホーム | 年明けの思い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1112-cfff84df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。