スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
私とおカネの話
Merry X'mas❤ でもそれににつかわないおカネの話。


西原理恵子さん(以下、サイバラ)のエッセイのファンというのではないけれど、「この世でいちばん大事な「カネ」の話」は共感するところが多くてたまに読み返している。漫画家と翻訳家(社内翻訳者の話はこの際除く)は似たような部分も多いと思う(考えてみるとフリーランス全般だろうか)。






最近、年末のせいなのか?様々な同業者Blog等で収入についての記事があがった。職業とは、好きだから、人の役に立ちたいから、性格に合っているから、成り行きで、などなど人によって選ぶ要因は様々だと思う。でも、どう転んでも収入、つまり「カネ」の問題は避けては通れない。生活が成り立たないのに好きだから、夢だからといって自分の目指す道を邁進することはできない。いや、できるのだろうが、その場合は他人に依存しているか、何かをひどく犠牲にしているか、であろう。

もちろんそれを批判するものではない。ただ、迷っているとき(フリーランスの翻訳という仕事を続けるか否か)に上記のサイバラのエッセイは一つのヒントになる気がする。趣味として続けたいという場合は何の問題もない。この業界、仕事につなげるまでに勉強を延々と続けている人も結構多く(笑)、一種の趣味と考えれば頭の体操にもなるし、知識も身につくし、語学力ももちろん高まるし、悪い趣味ではないと思う。

ただ、その答えを出すには、置かれた環境等を考慮の上、自分の立ち位置だけははっきりさせておかねばならない。1.趣味/仕事の中間くらいで無理せず楽しく続けるのか、2.一家の生活費の補填となるパート仕事と割り切るのか(ところが実は単純労働のパート代にも及ばなかったりする場合が大半で、時間に縛られず家でできるのがメリット)、それとも、3.この仕事を生業として食べていくことを目指すのか。収入を上げようとするならば、つまり、最後の場合はそれ相応の覚悟が必要に思う。


私がこの本の中で共感した言葉を2つだけ紹介しておく。

「最下位」の人間に、勝ち目なんてないって思う?
でもね、「最下位」の人間には、「最下位」の戦い方ってもんがあるんだよ。


サイバラ嬢は高校を退学させられて、その後、単身上京して美大の予備校に通う。そこで絵の成績をつけられて最下位になる。でもそこで叩きのめされた後、自分の目標は「トップになること」じゃなく「この東京で絵を描いて食べていくこと」だと気づく。そのために自分の強みを探し出そうともがくのである。

私も同じで、この業界は、往々にして驚くような高学歴な人が名を連ねている。留学経験がある人も多い。そして研究者や学者から流れてくる人々も少なくない。英語力も、技術理解力も、そもそもの頭の出来が同業者の中でも平均以下である。無い無い尽くしでやっぱり無理!就職先を探し出して安定した収入を確保したいと何度も考えた。でも、やっぱり自分にももしかしたら最下位なりの別の強みがあるのではないかと思い直した(詳細は省く)。それができた理由の一つはプライドがさほどなかったからかもしれない。サイバラ嬢曰く、プライドで飯は食えませんもの。

正当な収入がもらえるように業界の意識を改革すべきである--翻訳者の地位向上を--

私もその言葉には完全に同意する。声を上げるべきどころでは声を上げるべきなのだとも思う。でもそれを言い出すと、ものを作り出している人々は皆同じで、翻訳だけが世の需給バランスから逃れられるべくもない。ファストファッションがもてはやされる中でも1桁あるいは2桁高いお金を出してブランド服を購入する人もいる。これで身を立てていくと思うならば、自分に払われる対価は自分に相応しいものだという自覚と覚悟をもって、そこから自分で脱出口を見つけなければならない。その工夫と努力は人に頼るわけにはいかない。


人の気持ちと人のカネだけはあてにするな

バブル世代をかすめた私は、女の子は奢られて当たり前~という傲慢な若い時期を過ごした。今のだんなさんにも(貧乏学生だったのに!)驚くほど奢らせたと思う。回り回って今にたどり着くため本当に得したのかどうかは不明。でも、結婚後、やっと自分の性格に気づいた。

1年強の専業主婦時代、全然仕事が見つからなくて、暇なので習い事やジム通いで毎日を過ごしており、自分の貯金は減っていくし、でもその一方では一応生活に困らない優雅な生活をしていた。だが、人のお金を使い続けるのは思ったほど楽しくないばかりか、自由を奪われていく気がした。ご存じの通り我が儘で小心者の私は他人に100%を依存するリスキーな選択を好まない。これは彼の「好意」という気持ちだけを担保とした生活、それってリスキーすぎる。かといって内助の功として家の中を常に快適に整えておくフォローの生活にも触手が動かなかった。運命の流れで育児に忙殺されることにもならなかった。それに、もし彼が失業したり病気になったりしたらと考えると不安だった。もしかすると三行半を叩きつけられる可能性もある。人の気持ちってそういうものだ。


やがて「あなた倒れても大丈夫、そのときは私が食べさせてあげる」とろくな収入もないのにそんな気力がムクムクとわいてきたのである。やっぱり私は「イチローの妻」に憧れるのではなく「イチロー」になりたいタイプだったのだ。もちろん世の中にはお金で買えないものもお金よりも大切なものもたくさんあるのだろう。でも、親や姉妹や家族が窮地に陥ったとき、そして何よりも自分が追い込まれてしまったとき、お金が解決してくれることもたくさんある。家族にちょっと美味しいご飯を食べさせてあげる、そんなことが仕事のモチベーションになる。ことお金に関していうならば、人に頼るくらいなら自分で努力して手に入れる方がずっと気分がよく、大切にしようと思える。


サイバラのエッセイの中にはこのようないろいろな示唆が含まれている。毎日かあさんってこうやってできあがってきたんだな。彼女の作品を読むと、そのバイタリティをちょっとだけ分けてもらえる気がする。



*何だか、カネ、カネと連呼したようでちょっと恥ずかしいのだけれど、ケチにはなりたくないので使うときにはパッと使うというスタンスは崩さないでいたい。人がお金を出し合うとき、基本的には自分が少しでも多めに出すように心がけている(これはサイバラ嬢もこの本で書いていた)。ただお金がないときは無理をしない。見栄を張らず等身大の生活をする(したいと思う)。人間関係の上で少しでも「得をしたい」と計算する心根は、気づかないうちに自分の顔や人間性に表れてきそうで怖いのである(笑)。


いつもながらの長文大変失礼いたしました。






【2013/12/24 09:27 】 | お仕事・お勉強 | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<ダブル・ダイエット | ホーム | 「すや」--元禄の世も今も>>
コメント

長文、とても勉強になります!
ひとまずポチリました(^^)
自分が何を求めるのかはっきりさせたいです~。
【2013/12/24 13:23】| URL | リスノ #-[ 編集] |

★リスノ様

ポチりましたか。

リスノちゃんのブログを読んで、えっ順風満帆のフリーランス生活と思っていたのでちょっと驚きました。参考になれば幸い。

おカネの話ってなかなか同業者の間ではできないので(でも知りたい)、悶々と考えてしまいますよね。たまに聞かせていただくぶっちゃけトークがとても私にとって貴重です。それはリアルの付き合いがあればこそ。

今年はありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
【2013/12/24 14:23】| URL | リスノ様 #-[ 編集] |

一字一句わかりますわ〜。
私の場合は「自分のお小遣いに」→「あなた倒れても大丈夫わたしが…」を経て今はほとんど趣味のような感じになっとります(笑)それに「生活に潤いを与えるご褒美(お給料)」がついてくる、みたいな。
ところで前に紹介して下さったオイル、重宝してます〜。シャンプー前に使うと洗い上がりが全然ちがう!香りも良いし♪2本目に突入しそうな勢いです。ありがとうございました(^^)
【2013/12/25 15:42】| URL | AKKO #-[ 編集] |

★AKKO様

アッコさんもイチロー派ですね(笑)。賛同得られないと思っていたのでとっても嬉しいです。趣味の域にまで達すればすごいことです。

ニュクスのオイル、いいでしょう~。コロンも出たそうです。癖のある香りですが私は好きですね。いろいろ浮気もしているので1本目がなくなりませんが、重宝しています。

今年もありがとうございました。
良いお年を!!
【2013/12/26 10:17】| URL | AKKO様 #-[ 編集] |

私もこの本持ってます。

日本人ってお金に対するイメージというか、心のブロックが大きいですよね。
『お金持ちは悪』 『お金はしんどい思いをしないと得られない(肉体的に)』 ・・・

たとえ他人がボッタクリと見てもクライアントがが納得して価値を見出して払ってくれるならビジネスとしては成立するわけで、それを自分の懐に囲い込むのではなく世の中にお金を回すことが出来れば一番シンプルなのではないかと思う今日この頃。。

まずはきっちりとした対価を頂くには自分の価値を高めなくてはと思う次第です。。
【2013/12/26 10:43】| URL | ひさみん #-[ 編集] |

★ひさみん様

同じ自営業、悩みも同じでしょうか。

お金の話って汚い、セコいと思われがちですよね。でも商売をする上で常にこだわっていたい部分です。

素晴らしい品(芸術)を提供したいだけで対価にはこだわらないの~という姿勢はある意味傲慢な気も。

来年も引き続きよろしくお願いしますね。
良いお年を!
【2013/12/27 09:25】| URL | ひさみん様 #-[ 編集] |
最下位の戦い方
いやー、これは中小企業の社長にはしみる言葉です。

ニッチという言葉はありますが、違うんですよ。これは、もう一段掘って、自分の弱さを認めることなのですが、多くはここをキッチリ括れずに、中途半端な仕事になっている方も多い気がします。

正月にダラ寝で「のぼうの城」なる映画を見たのですが、これなんかも切り口近いかな。歴史描写はかなり雑なのですが、弱い人間が開き直って、最後には弱さが強さをしのぐ様を上手に描いています。
【2014/01/07 11:01】| URL | りょう #-[ 編集] |

★りょうさま

「最下位の戦い方」--これって深い言葉ですねぇ。確かにニッチともまた違う。自分の弱点をしっかり見据える、その中で少しばかりの強みを発見していく。客観的な視線を自分に向けることは難しいことですが、スタートラインとなる重要なことだと思います。

「のぼうの城」はHDの中に入っているんですけど、なかなかたどり着けません・・・。
【2014/01/08 09:54】| URL | りょう様 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1108-1980c9cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。