スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
桃色の小悪魔
おかしいな。筋トレちょっとずつ採り入れているのだけれど痩せる気配も引き締まった気配もない。まあ長い目で。

少し行き詰まった気がして珍しくジムでZUMBA(ラテン系の音楽とダンスを融合させて創作されたダンスフィットネスエクササイズ)を踊ってきた。元々ラテン系ダンスは割と好きなのである。腰を振ってしばし現実逃避。



さて、先日、電車に乗っていたら、4人掛けの席で目の前に可愛い女子高生2人が乗り込んできた。制服女子高生って同じ女性の目から見ても恐ろしいほどの輝きがある。生物上怖いものなしというか、人の目を捉えて放さない魅力。虫や獣なら殺し合いが始まるくらいだもの。

この女子高生たちがまた可愛い。目鼻立ちがアイドルというほど整っているわけではないが、AKBの後ろにいる子たち(笑)くらいの絶妙な容姿である。肌がつやつやでチーク無しなのに頬は自然な桃色。浮かび上がっている雀斑がかえってキュートだ。ただ、この子たちがとてもお洒落だということはよく分かる。ノーメークだけれど眉、口周りの無駄毛がきちんと手入れされているのがそれを示している。綺麗に揃った睫毛もエクステや付け睫毛でもないが入念にビューラーを当て美容液を施していると思われる。セミロングのストレートはきっと高度な縮毛矯正をかけているか、アイロンでちゃんとセットしているのだろう。女子高生ならそうでもないかもしれないが、ナチュラルだけど隙の無い仕上がりって実はすごく手が込んでいて難しいものなのだ。


ぼうっと見惚れていると、一方の女の子が

「このグロス、赤すぎるかなぁ?」

と可愛く隣の子に尋ねた。学校に行くにはちょっとだけ赤みが勝ちすぎている気もするけど、スッピンの中でその濡れたような赤色がキュートだ。


二人できゃらきゃらと笑っている様子も絵に描いたようだ。するとグロスを塗っていない方の女の子が、それまでと全く変わらない口調でこう言った。


A「妊娠検査薬切らしちゃった」

B「そうなん?」

A「なんかお腹張ってきてるんだけど-」

B「それ、早過ぎるやろ(笑)」

A「そうだよねー、はは」



彼女たちの前にいる私は本当に風景にすぎないのだろう。ついでに言うと私の隣の二十歳前後の男の子がどんな顔をしたか見たかったけれど我慢した。

おばちゃんらしく、「それ、実はめちゃ大変な状況かもよ。妊娠検査薬切らさないよりも避妊にもっと気を遣った方がいいんじゃない?彼氏はどういうつもりなん。きちんと話さなアカンやん。得してるつもりが損してるってことあるんだよー」と心の中で一気に口走った。もちろん口に出すわけではないけれど。

女子高生、その頃の年代らしくちょっとイキった(?)口をきいてみたいのかもしれないし、仲間内での半分ジョークなのかもしれない。関西の女子高生が乱れきっているわけでも無いとも思うし、現代の女子高生の実体がこんなものだとも思わない。平均値というより一例だと思う。でも一例は思ったよりもきっとたくさん。

ちょっと驚いたので、サウナでその話をしてみた。ちょうど女子高生近辺の子供を持っている友達がジム友には多いのだ。皆一様に、ウチはその辺奥手なのよね~、逆に心配なくらいと答えた。いちいち自分の異性との交友関係を親にはしゃべらないだろうなと思ったけれどそれは黙っておく(笑)。

でも、いわゆるイケイケなギャルよりも真面目そうな普通の女の子の方が発展的だったり、思ってもなかったような過激な行動をとったりすることって経験上多いんだよ、と教えてくれた。


昔も心配は心配だっただろう。でも今の中高生にはいろんなチャンスが街に満ちあふれている。LINEにMIXI、FACEBOOK、出会いのツールは山ほどあふれている。いろんな刺激や誘惑が満ちていて、上記のようなことを普通に言えるほどある線を越えるハードルも下がっている。


そして女子高生。美しい容姿を持ち合わせた子なら、いやそうでなくても?もはや怖いものなしだろう。おそらく今なら30歳くらいまでそのまま突っ走れるのかもしれない。でもその絶頂のように一見見える時期はあっけなく早く過ぎ去ってしまう。人生なめてたら、そのしっぺ返しもちゃんとやってくることが多い。しかし残念ながら人生なめてることはその真ん中では分からない(自省とともに)。子供を育てるって難しいものだろうなぁ。


自分のティーンエイジャーの頃をちょっと思い出したりしてみたのであった。





【2013/11/20 10:21 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<ベストバランスはどこに | ホーム | ある夜の新地パトロール>>
コメント

KYOKOさま、

JKはまさに怖いものなしですね。うちにも元JKと現役JKがいますが、見ていてハラハラドキドキします。こちらはもはやオッサン目線で彼女らを見てるので(笑)。
本人たちは母親の心配なぞどこ吹く風です。でも、若いとき自分もやはりそうだったっけ?(遠い目)
【2013/11/21 12:30】| URL | yasuko #-[ 編集] |

★yasuko様

お嬢様ふたり・・・心配は絶えませんね。

はらはらするけれど自分も遠い昔はJKでした。意外と変わらない部分もあるような。

羽目を外すのは怖いですが、若さの特権で羽目を時には外してもらいたい気もします。
【2013/11/22 08:42】| URL | yasuko様 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1095-31d2b2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。