スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
謎の女性
「オーベルジュメソン」の話題はちょっとお休みして・・・。


数日前、ジムでお風呂上りに髪を乾かしていたら、お隣に座った女性が鏡越しに私の顔をじっと見つめる。どうしたんだろうと思っていたら、


「こんにちは! 最近ちょくちょくお見かけするからお声をかけようかどうか迷ってたんです。会えて嬉しいわ!!」

と満面の笑顔で話しかけてきた。

あまりにテンションが高いから、

「えと・・・どなたでしたっけ?」

と言えないチキンハートの私はついつい

「本当に! 久しぶりですねぇ」

と思わず返してしまった。最悪の返しである。後で現れた友人に話すと、偽善者丸出しだねと指摘された。

もしかして元同僚?ご近所さん?仕事関係?遊び関係?--頭の中で?がぐるぐる回るけどどうしても誰なのか思い出せない。相手は私の個人情報らしきものを口にするのでどなたかと間違えている様子はなさそうだ。

結婚した当初に全国にチェーン展開しているこのスポーツクラブに入会し、店舗は何店か変わったけどトータルしたら在籍20年近くになる。もはや主(笑)みたいなもので、今までに親しく話すようになったり、個人的にお付き合いをするようになったりしたジム友も数十人は下らないと思う。それでも全く誰だか思い出せない方はいないような気がするのだけれど・・・。

「また、お会いしたら声かけますね♪」

と10分程度も世間話した後、彼女は去っていった。その間、ヒントとなるような会話を引き出せない自分も自分である。下手な話題を振って、覚えていないことを彼女に知られたら悪いと思って適当な話題に終始したためである。馬鹿だ。


昔から人の顔を覚えるのが苦手で、あるとき新幹線の中で、知った顔の男性と会い、小一時間談笑したことがある。私は友人の元彼だと思い込んでいたら、別れた後に「あ、違う、あの人は私の仕事相手だ」と気が付いた。道理で話がかみ合わないところがちょくちょくあったはずだ。

私が営業職だったら、売り上げは推して知るべし。



で、彼女は一体誰なんだろう。


【2013/05/17 11:02 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<「オーベルシュメソン」の巻(III)-さてお食事は | ホーム | 「オーベルジュメソン」の巻(II)-何もしない贅沢を>>
コメント

あるある~。

先日の父の通夜のこと。
入り口で 弟夫婦、母、私夫婦、妹夫婦の総勢7名で参列者を迎えていたところ、明らかに私に寄ってきて『久しぶり~、今回は大変やったね。。』と声をかけてくれた女性。。。

全くもって見覚えがありませんけどあなたは一体誰?

【2013/05/20 22:03】| URL | ひさみん #-[ 編集] |

★ひさみんさま

ありますよね~。
くだんの彼女とはその後まだ出会っていません。今度会ったときは勇気を出してお名前を聞いてみることにします。「度忘れしちゃって・・・」と。


PS.お父様、残念でしたね。コメントが差し上げられなくてすみません。私も同じような経験をしたのでお気持ちはとてもよくわかります。今はまだ元気が出ないと思いますが、ゆっくりと故人を偲んであげてください。ではまた。
【2013/05/21 11:04】| URL | ひさみんさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1032-afa80675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。