スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
バブルな夜
何のこともなくGWが終わってしまって一息。GW前に依頼ラッシュが入らなかったのはここ10年初めてで嫌な感じ。しかもダイレクトに影響しそうな非常に不景気な情報を聞きつけ、さらに嫌な感じ。でも死ぬわけじゃなし、No Problem。

ということで、景気のいい方々の後ろにくっついてバブルな夜を過ごしてきた。お金はさびしがり屋だからS極とN極のように引かれ合って、あるところにばっかり集まっていくのだね。


宝石の無店舗販売を始めたというN氏のお知り合いのマンションの一室に招かれた。

Jewel.jpg

街のど真ん中のタワーマンションの30階。大阪の街が一望できる。シャンパンを開けてもらい、チーズと生ハムをアテにたくさんのアクセサリーを見せていただく。同伴のM嬢が100ctのブラックダイヤのネックレスをつけてもらい、ものすごく似合う。宝石も人を選ぶのだ。

「今月誕生日だから、これがプレゼントでもいいかも」
と写メを撮って彼氏に送っている。

あの、私も今月お誕生日なんですけど・・・。以前から欲しかったタイプのクロスの中にクロスが入った形のダブルクロスペンダントを発見。ゴージャスだけどカジュアル。その日の格好にも似合っていた気がする(自画自賛)。

「お勉強しますから」
という言葉に負けそうになる。高層階の一室、ふかふかのソファ、そしてシャンパン。何百万という価格の指輪たち。あら、意外とお手頃かもと思わせるシチュエーションである。誘ってくれた知人が無理するなよという顔をしていたので冷静になる(M嬢も購入せずに帰ったけどきっと後日買う予感)。


そこから新地に繰り出して、前回ご紹介した「鮨と肴 はやみ」に。

hayami2.jpg hayami1.jpg

稚鮎と筍の天麩羅に毛蟹。今日も肴のアテが最高に美味しい。お鮨ももちろんいただいて、ウニやイクラもいいけれど、芽ネギの梅肉乗せのさっぱり感にやられる。ご一緒した女性二人ともNY帰りで、お一人は20年ぶりの日本での生活。マンハッタンには今、二百数十軒ものお鮨屋があって、日本と全く変わらない江戸前鮨が食べられるのだそうだ。


その後、M嬢が会員のグランフロント大阪の会員制サロンでお茶することにする。

grandfrontサロン1 grandfrontサロン2

ここは年会費を払えば、一日図書館代わりに使用してもいいし、小会議や大会議にも使用できる。グラフロの上階にこんな贅沢な場所が存在していたのね。実はここを登記して本社所在地にすることも可能なのだという。業態によってはすごくお得じゃなかろうか。

grandfrontサロン3 grandfrontサロン4

こんな場所で翻訳したら捗るかな?お茶だけでなくバーも完備で11時まで利用可能。食事だってできる。


11時に解散。その後、N氏はオフィスに戻り仕事の続きだという。旦那さんからも会社からちょうどメールが入る。収入は前者と後者では段違いだけれど(笑)、世の中の男性も女性も働く人は本当によく働いている。残念ながらそうでないと落ちこぼれていく社会は確実に存在する。私ももう少し真面目に勉強しなくちゃならないのだろうか。



実に久しぶりにバブルな感じを少しだけ体感した。私が女子大生の頃だろうか。至る所でパーティやらシャンパンやらが飛び交った時代。学生たちがブランド服に身を包み、ちょっとした距離ならタクシーで移動していた時代。


美しい宝石も好き。美味しい食べ物も好き。夜の街も嫌いじゃない。だけど、駆け足でウサギ小屋に帰り、さっさと部屋着に着替えて、ノワを抱きながら安焼酎(まだ飲む?)で撮りためたドラマを見ながら、だんなさんの帰りを待つ。至福の時。どんな場所に行っても、刺激を受けても、等身大の自分を見失わないようにしないとね。

ダイヤのペンダントはとっても綺麗だったけど、今の私にはちょっと贅沢。いつかまた縁があれば巡りあうことがあるだろう。繰り返すが、人が宝石を選ぶと同時に、宝石もまた人を選ぶのだ。





【2013/05/08 09:49 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「最高の離婚」って | ホーム | 新居完成の巻(I)-カフェですか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1028-ab65d024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。