スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
原酒祭りの夜
ご存知のように結構人をうちに呼ぶ方である。今年も何度か皆さんに来ていただいた。週末は本当に気のおけない地元の友人たちとのパーティ。なかなか日程が調整できなくてやっと実現した。


ところが、我が家のパーティというのはおもてなしをするのではなく(笑)、みんながお得意料理や新作料理を持ち寄ったり、その場で料理したりして、私自身の手間がほとんどかからないという、ホストがゲストと化すパーティなのである。だからこそマメに開催できるともいえよう。

その代わりに勝手知ったる我が家で、眠くなったらソファーで寝てもよいし、ノワと床で戯れてもよいし、時にはクローゼットを開いて私の大好きなスタイリストごっこもできる(これ最近開催していないので近々やりたい)自由さが売りである。ゲストの本心は分からないけれど、とりあえず招待すれば来てくださるので楽しんでもらえているものと思い込んでいる。


さて、今夜は長々と温めていた高山の蔵元「山車」の原酒と、Aちゃんが丹波で仕入れてきた原酒で日本酒祭りを開くことにした。

201304KYOKO亭4


それに合わせて皆様の持ち寄りメニューはこちら。

201304KYOKO亭3


・アボガドとモッツァレラのサラダ(←私作。イタリアンw)
・ホタルイカとマッシュルームのアヒージョ
・ゴーダチーズとマッシュポテトの一口餃子
・サーモンのなめろう
・ちらし寿司
・マンゴープリン



201304KYOKO亭6

Bちゃん特製の餃子(?)。揚げたてだとゴーダチーズが溶けだしてマッシュポテトと交じり合う何とも言えぬマリアージュ。和食縛り故、大葉のアクセントが効いている。よつ葉バターもたっぷり入れたというからカロリーが怖いが、美味しいものはカロリーが高いと決まっているのだ。アヒージョも最後まで嘗め回したい旨さ。バケットがあればすくって食べられたのに。でもちゃんと翌朝のトーストにかけて食べたのである。


201304KYOKO亭1

メインはCちゃんのちらし寿司。Cちゃん家所有の梅林から取って漬けた南高梅の梅干しが飛び上るほど辛くて、でも美味しくて、それを入れたお吸い物も作ってくれた。


しまし、なんといってもこの日の目玉は「サーモンのなめろう」だった気がする。物知らずで恥ずかしいが、海育ちのくせに「なめろう」という言葉の存在を知らなかった。

*なめろう

なめろうとは、房総半島沿岸部周辺などに伝わる郷土料理で、たたきの一種である。保存は利かず、調理後すぐに食すのが普通である。アジ、サンマ、イワシ、トビウオなど青魚の三枚におろし・もしくは青柳を捌いた上に味付けの味噌・日本酒とネギ・シソ・ショウガなどを乗せ、そのまままな板の上などで、包丁を使って粘り気が出るまで細かく叩いたものである。アジのなめろう・サンマのなめろうなど、個別の名称もある。名称の由来については、叩いたことによる粘り気の食感からと、料理を盛っていた皿についた身まで舐めるほど美味だったからという説などがある。なお、漁師が沖の漁船上で作っていた料理であることから、「沖膾」(おきなます)という別名もある。


日本酒のアテに最高じゃないか!実家では単に「たたき」と言っていた気がする。Dちゃんは試作品をお友達に食べさせて今一つ納得がいかず、酸味が足りないと気が付いて「らっきょう」を刻んで入れたのだという。これが何とも言えない食感を生んでいる。

201304KYOKO亭5

Bちゃんの手作りデザートで締め。



次回までにみんなレシピを考えてきてくれるという。持つべきものは料理の上手い友。いい友達は決してお金では手に入らない財産である。いつもながら大切にしようと思う。明日は素敵な同業者たちとのお勉強とランチ会。よって本日はRUNの予定。



【2013/04/22 08:58 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<これって経費ですか? | ホーム | ついつい寄り道>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1023-a9182ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。