スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ついつい寄り道
再々お伝えしている女性翻訳者の会で、FBにグループページを立ち上げ情報交換を図っている。ちょっと前にお役立ちサイトと辞書は?というトピを立ち上げてくださり、ものすごく多くの有用な情報をいただいた。なんて便利なの!あるべきFBの姿(笑)だよね。

辞書と本はお金で買える実力である。ここでケチっちゃもったいない。と言っても逡巡してまだ買えていない辞書も本も山ほどある。ピアスの代わりに狙ってたシリーズ本があったがそれはまた今度、言行不一致極まりない。

本は最近ペースはぐんと落ちたものの月5冊くらいは読んでいると思う。これが仕事や勉強につながる本ならば言うことはないのだけれど、好きな小説が意外なところで役立つこともある。翻訳業界も中韓等、外資の参入に遭っている。しかし、生まれてから何百冊or moreの日本語に触れてきた以上、語彙やニュアンスなどなど、日本語ネイティブとして外国人よりは大きくリードしている部分もあるのではないかと思う(その逆で英語は大きく後れを取っている・・・)。プライベートの楽しみ用の本で得た知識が、ふとつながることがある。生き抜いていくための翻訳者の必須要件として、本好き、リサーチ好きだけは欠かせないんじゃないだろうか。


辞書の話に戻そう。リンク先のリスノさんがその流れでご自分のblogで辞書について「医薬辞書、こんなの使ってます」詳しく紹介してくださった。リスノさんほどではないけれど、わたしもなぜか医薬系の参考書や辞書は割と揃えている方である。というのも医薬系の辞書って、電気/機械/ビジネス/ITなんかの辞書と違って読んでいて結構楽しいのだ。ある単語を引いたまま、その関連用語を読みふけることもある。医薬翻訳者を目指す人が多いのも、やはりごく身近で、誰にでも関連のある内容だからだ。人体の精緻と不思議を読み解くことは仕事を除いても楽しいかもしれない。それに医薬辞書って図解もあってわかりやすい。機械分野でも図解化されたCD辞書ってないかなぁ。

たとえばこちらの南山堂さんの「プロメディカ」。





糖尿病勃起障害

医療機器を扱うことが多い私の場合、あー、こういう機器なんだというビジュアルな情報が助かる。このリジスキャンの画像はなぜか「糖尿病性勃起障害(笑)」を引いて見つけた。勃起機能検査に使う機械である。

水痘

ホラー好きなので「水痘・帯状疱疹ウイルス」の画像をわくわく?して見ている。つい寄り道してリンクを辿っていっちゃう。


またの機会に私が気に入っている他の仕事関係の本もご紹介したい。


【2013/04/18 08:33 】 | お仕事・お勉強 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<原酒祭りの夜 | ホーム | 小さなご褒美>>
コメント

リンクありがとうございます!
先輩方はもっとそろえていらっしゃると思うのではずかしいですが(^^ゞ

私もプロメディカで同じところ調べてみました。
リジスキャンって初耳。
でも何となく想像できるところが医薬のおもしろさなのかもですよね。

好きな小説でもどこかで仕事につながることあるんですね。
勉強本が積まれているのでなかなか趣味の小説等まで手が回らないのですが、ちょっとでも読んでいこうと思いました!
【2013/04/18 10:26】| URL | リスノ #-[ 編集] |

★リスノさま

辞書は押しなべて高いですけれど、医薬系の辞書と本は本当に高いですねー。

電気機械系は参考書は多すぎて選びきれないんですよ、なかなか。特に紙は目が疲れるので、最近は電子辞書と電子媒体に頼りっぱなしです。

でもこの数年間でも有益なサイトがずいぶん増えた気がします。10年前とは仕事の仕方も変わってきたなぁと時折昔を思い出します。

果たして進化についていけるのかしら・・・。
【2013/04/18 12:22】| URL | リスノさま #-[ 編集] |

まいどです~。

確かに、機械の画像情報を含む辞書ってないですよね(私が知らないだけかも・・・)。紙辞書のものは結構あるのに。専門外の者としては、画像(だけ)が頼り!てこと多いですのにね。

私は今更「告白」(湊かなえ)ですわ~。GW、お互い少しゆっくり「普通本」読める時間がとれるとよいですね。ではでは。
【2013/04/19 12:20】| URL | Sayo #RwF7odmQ[ 編集] |

★Sayoさま

まいどです~。
そうそう、紙本ならあるんですけど、もう紙本を見るだけの体力がなくって(汗)。機械画像辞典、出れば少々高くっても即買いなんですけれども。

そうそう、blogでの宣言、拝見いたしました。医療機器、私も最近多く手掛けているので、ほかにどんなところで需要があるのか探ってみようと思います。

Sayoさん、あと10年はよゆーで翻訳者を続けていることに10票追加です。
【2013/04/19 18:04】| URL | Sayoさま #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1022-b345adea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。