スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
飛騨高山ぶらり旅(II)-絶景かな!絶景かな!
写真はこれだけ。あまりに美しいため全部載せたいけど!


穂高1 穂高3


この日はものすごい快晴。地元の人に言わせると、こんなに穂高の山々が鮮やかに見える日も珍しいと聞き、穂高ロープウェイにチャレンジすることにしました。

「新穂高ロープウェイ」
良質な温泉が豊富に湧き出る奥飛騨温泉郷の一つ、新穂高温泉から西穂高口を結ぶロープウェイ。穂高連峰をはじめとする北アルプスの山々への登山者のアクセスと、観光客を手軽に北アルプスの山々を眺められる場所へいざなう交通機関として40年近くの間愛用されています。新穂高ロープウェイ は、第1ロープウェイと第2ロープウェイの2本からなり、新穂高温泉駅(標高1,117メートル)から西穂高口駅(標高2,156メートル)まで、一気に1,000メートル以上を駆け上ります。

いつもの私なら、氷点下-10℃ありえへんし、早起きありえへんし、とだらだら惰眠をむさぼるところが、「このチャンスは見逃せないんじゃない?」という言葉に頑張って早起きして、おまけに朝風呂まで堪能し、ロープウェイに向かいました。

ロープウェイ最前列に陣取ったせいか結構怖い・・・。男性なら○○が縮み上がったように腰の辺りが冷えてきてKちゃんのコートを握りしめてました(笑)。

標高約2000mのその日の温度は-5℃。でも太陽の光でそんなに寒いとも思えません。何よりも「白山まで見えることって滅多にないわ」(A嬢は金沢出身)という言葉通り、穂高連邦が360度くっきりと見渡せます。


やっぱり来てよかった。スイスマッターホルン以来のこの絶景。もう思い残すことはありません(大袈裟)。


もう少しだけお付き合いください。

続く・・・




【2013/03/07 09:09 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<飛騨高山ぶらり旅(III)-旅の神髄は | ホーム | 飛騨高山ぶらり旅(I)-雪見風呂とは乙なもの>>
コメント
素敵ですね!
ほんとにきれいだったのですね。
私の母の実家が奥飛騨の方なので、そのあたりは何度も見てきたはずですが、それほどきれいなのは見たことがありません。

目の保養になります。ありがとうございます。
【2013/03/07 19:06】| URL | tomoko #-[ 編集] |

★tomokoさま

こんなに綺麗に穂高連邦が見えることは滅多にない、と言ってましたが本当だったんですね。

すっかり飛騨のファンになりました!
【2013/03/07 21:32】| URL | tomoko様 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1007-d874c703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。